1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 科学・技術

武具 060/365

千値練 超弾可動 鎧伝サムライトルーパー

武具は、武器と共に発展した。

5世紀中期に登場した挂甲(けいこう。うちかけのよろい)に、短甲はとってかわられる。
短甲は日本独特の武具である。

やがて挂甲が、「大鎧」や「胴丸」に変化していったが、洋式銃や大砲が兵器の中心になってからは、甲冑はその役割を終えることになった。

 

※戦国時代には南蛮貿易により、西欧の甲冑が輸入された。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野からの、日本にまつわる365日分の知識。この本をさらっと読み、知ってるようで知らなかったことをさらっと初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて知ったかぶりしながらほんの少しだけ、書くことを1年間続けます。最低限「350ページ以上ある本を読んだよ!」の事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。言わんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 科学・技術
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

鋳物 011/365

「金属を加工する」という方法を編み出したことで、人類の文明は飛躍的に発展した。

奈良の大仏 079/365

752年の開眼供養には、1万人を超える参列者がいたという。

『徒然草』122/365

吉田兼好(兼好法師)の随筆集。

戦国大名 205/365

実力で領国を支配する大名のことを戦国大名と呼ぶ。

執権政治 163/365

鎌倉幕府初期から御家人同士の血生臭い争いが続き、北条氏はそれに勝利した。

■TRANSLATE



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓






afbロゴ