1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 科学・技術

農具 039/365

手打全鋼 唐鍬 1.1kg 本樫

農具の発達によって、人間の文化は進展した。

製鉄技術が発明されたことで飛躍的に収穫量は向上し、人類は現代に至るまでに進歩するきっかけを得た。

日本の平安中期には、鉄製農具の所有数によって、各地の生産高に格差が生まれた。
それを背景に地方を実質支配し、武力を持つ武士が生まれることになった。

江戸時代には「千歯扱(せんばこ)き」などの画期的な道具が考案され、作業効率をさらに向上させた。日本の文化・国力の向上は、農具の開発と運用によるところもお大きい。

 

※第一次世界大戦で初登場した「戦車」は、農業用トラクターを転用・改造されたものが最初である。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野からの、日本にまつわる365日分の知識。この本をさらっと読み、知ってるようで知らなかったことをさらっと初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて知ったかぶりしながらほんの少しだけ、書くことを1年間続けます。最低限「350ページ以上ある本を読んだよ!」の事実が残るだけでも、価値はゼロではあるまいて。言わんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 科学・技術
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

蒔絵と螺鈿 054/365

蒔絵(まきえ)と螺鈿(らでん)。

『蜻蛉日記』 059/365

現代にまでその影響を残す『蜻蛉日記』は、率直に女性の心情を書き綴る文学の最高傑作と名高い。

大国主命(出雲大社) 035/365

出雲神話の最高神。

旧石器時代の遺跡 009/365

1949年、考古学研究者・相澤忠洋が群馬県で槍先形尖頭器を発見する。

『源氏物語』 066/365

作者である紫式部は幼少から才能を認められた女性で、藤原道長にも重用された。



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)






afbロゴ

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031