1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 科学・技術

肥料 123/365

投稿日:2021年5月3日 更新日:

アイリスオーヤマ 肥料 ゴールデン

日本でも、肥料は農業を発展させるのに大きな原動力となった。

肥料の三大要素である窒素・リン酸・カリウムを、どうやって効率よく取得するかが、肥料における重要なポイントである。

一般的には下肥や灰、また緑肥が使われた。

後には干鰯(ほしか)が使われるようになった。
干鰯は「金肥」と言う。
自分で作らず、金で買うためにそう呼ばれた。

 

※排泄物処理問題を解決する日本の下肥は、世界にも稀なリサイクルシステムだった。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野からの、日本にまつわる365日分の知識。この本をさらっと読み、知ってるようで知らなかったことをさらっと初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて知ったかぶりしながらほんの少しだけ、書くことを1年間続けます。最低限「350ページ以上ある本を読んだよ!」の事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。言わんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 科学・技術
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

水辺の生き物 211/365

固有種としては、ジムグリやニホントカゲなどがいる。

和柄 223/365

「市松模様」は江戸時代の役者・佐野川市松が愛用していたことから名前がついた。

祭器 012/365

いかに日本の為政者たちが気に入って使っていたかが伺える。

三島由紀夫 353/365

演説のあと、割腹自殺した。

湯川秀樹 361/365

ノーベル賞受賞には世界の数多くの科学者からの推薦が集まったという。

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■TRANSLATE

wowow

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ