1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 科学・技術

肥料 123/365

アイリスオーヤマ 肥料 ゴールデン

日本でも、肥料は農業を発展させるのに大きな原動力となった。

肥料の三大要素である窒素・リン酸・カリウムを、どうやって効率よく取得するかが、肥料における重要なポイントである。

一般的には下肥や灰、また緑肥が使われた。

後には干鰯(ほしか)が使われるようになった。
干鰯は「金肥」と言う。
自分で作らず、金で買うためにそう呼ばれた。

 

※排泄物処理問題を解決する日本の下肥は、世界にも稀なリサイクルシステムだった。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野からの、日本にまつわる365日分の知識。この本をさらっと読み、知ってるようで知らなかったことをさらっと初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて知ったかぶりしながらほんの少しだけ、書くことを1年間続けます。最低限「350ページ以上ある本を読んだよ!」の事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。言わんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 科学・技術
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

武具 060/365

短甲は日本独特の武具である。

香道 104/365

香炉は一人「三息」である。

華道(生け花) 090/365

室町時代中期に東山文化の影響で「立て花」が成立。

祭器 012/365

いかに日本の為政者たちが気に入って使っていたかが伺える。

『鳥獣人物戯画』 096/365

作者や制作目的すら、確証あるものは何も無い。



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)






afbロゴ

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31