1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 科学・技術

貝原益軒 158/365

ニャン生訓

 

『大和本草』の著者。
明治に入り、西洋の学問が輸入されるまで、『大和本草』は生物学書・農学書の最高峰であった。

70歳で福岡藩を退役してから書かれた『大和本草』は、植物・動物・鉱物だけでなく、農産物や雑草までもが記されている。

彼は『養生訓』の中で、「三楽」を提唱した。

1、正しい道を歩み、善を積むことを楽しむ。
2、病気のない健康な生活を快く楽しむ。
3、長寿を楽しむ。

※84歳で没するまで、歯は一本も失わず、暗い中でも小さな文字が読めたという。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野からの、日本にまつわる365日分の知識。この本をさらっと読み、知ってるようで知らなかったことをさらっと初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて知ったかぶりしながらほんの少しだけ、書くことを1年間続けます。最低限「350ページ以上ある本を読んだよ!」の事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。いわんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 科学・技術
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『竹取物語』 052/365

平安文学の入門編にして、のちの日本における物語文学の下地になった。

染物 074/365

染色技術は日本で独自の発展を遂げ、江戸時代に中期には友禅染の生産が始まった。

広葉樹林 106/365

しかし現在は、森林の40%が針葉樹林にとって代わられている。

鍛冶 018/365

たら製鉄で作られた高純度の玉鋼は酸化に強い。

聖徳太子(厩戸王) 065/365

「厩戸皇子(うまやどのみこ)」。



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)





afbロゴ

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930