見たもの、思うこと。

倭文神社に立ち寄る

IMG_1495

倭文神社(しずりじんじゃ)。通称「宮さん」。
実家の町内にあります。

 

機織の神である建葉槌命(たけはつちのみこと)を祀ってあるんだそうです。
倭文氏、に関連しているようで、倭文とは「しずおり」とも読み、これは織物の名前なんですね。

割と他にもあります。ウィキぺディアをみると、

伊勢国鈴鹿郡 倭文神社(現 加佐登神社(三重県鈴鹿市)に合祀)
駿河国富士郡 倭文神社(静岡県富士宮市)
伊豆国田方郡 倭文神社(現 鍬戸神社(静岡県三島市)ほか論社複数)
常陸国久慈郡 静神社(茨城県那珂市)
甲斐国巨摩郡 倭文神社(山梨県韮崎市)
上野郡那波郡倭文郷 倭文神社(群馬県伊勢崎市)
丹後国加佐郡 倭文神社(京都府舞鶴市)
丹後国与謝郡 倭文神社(京都府与謝郡野田川町)
但馬郡朝来郡 倭文神社(兵庫県朝来市)
因幡国高草郡 倭文神社(鳥取県鳥取市)
伯耆国河村郡 倭文神社(鳥取県東伯郡湯梨浜町宮内)
伯耆国久米郡 倭文神社(鳥取県倉吉市)

などと豊富。

これは「延喜式神名帳」に書いてあるそうです。

延喜式神名帳は西暦927年に成立した『延喜式』の巻九・十のこと。
その当時の、全国の神社一覧なんですね。

倭文の「倭」は「倭国」の「わ」ですよね。
「文」が、「文様」とか「柄」とかいう意味だったとしたら、海外からもたらされた模様や織物の様式と違い、純日本風の織物、という意味を持っていたのかもしれません。

当時、まだ明確な文字を持たなかった日本列島に住んでいた「倭人」。
自分たちのことを「わ」と呼んでいたから「わ人」と勝手に名付けられた説、アリですよね。
つまり「われ」ってことです。

すごくややこしいんですが、奈良は常陸と縁のあるところ。
春日大社の祭神も、常陸から鹿に乗ってやってきたとか。

このページで考察されている(「鹿島神宮誌」の所)を見ると(サイトなくなってる)、
http://members3.jcom.home.ne.jp/sadabe/oni-megami/oni-megami-2-3.htm

「倭文(しとり、と読む)」と、建葉槌命(≒武葉槌命)との関連、さらに「ヤマカガシ(蛇)」の記述が出てきて、ひっくり返るほどに驚かされるのであります。

なんと「大蛇伝説」のある秋のわが故郷のお祭りには、「奇祭」に分類されてしまいかねない、変わった行事があります。

大蛇に見立てた巨大な松明を十数人で担いで村を練り歩き、最後に境内で燃やします。現行の消防法的にはアウトなクライマックスです。そのクライマックスへ至る過程で、名前は忘れましたが、村の若者が酒を飲み、盛り上がり、神事としての相撲を奉納する、というプログラムもありました。

それ、やらされた記憶があるのです。

背中をおっさんにバッチバチ叩かれながら(赤く腫れます)、開かれて置かれた扇子に、先の尖った矢を叫びながら突き刺す、みたいなやつ。お神酒もずいぶん飲まされる。

ここが「倭文」などという名前だと知ったのはずいぶん長じてからです。
境内で走り回っておりました。
お定まりのように、裏にはエロ本が落ちてたり。

今は立派に改築もされ、走り周っておりました本殿には勝手に入れなくなっております。
それが当たり前の姿といえば全くその通り。

倭文神社

この周りは他にも社があり、周辺一帯は公園になっています。
よく滑った奇っ怪な滑り台の北側にも、子供が遊ぶスペースが。

これが幼少の頃、入り浸っていた公園の遊具たちです。

あにまるズ公園

うーん、ほんとにここで遊んでたのか…。なかなか幻想的(悪い夢に出てきそう)。
このアニマルたち、当時と全く変わっていません。改修さえされてません。

それだけに、今や近づく幼児は皆無だと思われます。
ここで遊びたいと子供が言っても、許す親はいないでしょう。あの物憂げに見つめ合うようなライオンと赤いラクダとか、一番手前のなんだかよくわからない動物(多分しろくま)。右の黄色いイタチ(?)は目が光っているように見えるし、左奥のカバはもはや実体なのか幻影なのかすら区別がつきません。

一番奥は「違う種類のゾウ」だとずっと記憶してましたが、ゾウは明らかにその手前にいますし、あれひょっとして「アリクイ」だったのかな…。

その2頭の間に「サイの死骸」みたいなのが転がってるような気がします。

懐かしい記憶も蘇りましたが、蛇とか出てきたら嫌なので立ち去りました。

人気(ひとけ)のなさはけっこう昔から同じだったような気もしますが、東京などにある「公園」とは、土地自体が持っている静けさ、地面から湧き上がってくる静謐、と言いますか、迫力が違うな…と、故郷とはいえ畏れを抱いた次第です。

みなさんの地元の公園は、どうですか?

 







-見たもの、思うこと。
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

デヴィッド・ボウイ大回顧展「DAVIDBOWIEis」が閉幕。

最後に、プレゼントです。

『日本再興戦略』の第4章を、ジジババに投げつけよう

この講演を聴いてからこの本、『日本再興戦略』を読むと、彼の喋り方で脳内再生されるので、意外と早く読み終われますw

刀剣乱舞

刀剣乱舞はゆかいぜよ

お前らが持ってるその刀剣は一体なんなの?

ゲーム・オブ・スローンズ

めちゃくちゃおもしろいですよ、「ゲーム・オブ・スローンズ」。

申しわけないけどテレビでやってる日本の恋愛ドラマなんか、観てるヒマないわwwww

DAVID BOWIE is

やっと来てくれる「DAVID BOWIE is」

天王洲で逢いましょう。

書いてる人
■PAGEFUL(24時間稼働中)


afbロゴ




2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031