1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 科学・技術

武器 053/365

Assassin’s Creed アサシンクリード アサシンブレード仕込み籠手

 

鉄器の登場は、農作業の効率を飛躍的に向上させた。

それと同時に、武器の性能も向上することになった。

朝鮮半島から伝えられた製鉄技術は、日本でも広く武器の製造を可能にしたが、5世紀ごろの炉の性能は高くなく、大陸と同等のものを作ることはできなかった。

砂鉄や餅鉄を材料に鋼を作る技術は、日本の武器を世界にも稀なものへと変貌させていった。
16世紀には玉鋼という、純度の高い鋼の製鉄が可能になり、日本刀の製造に使用され始めた。玉鋼は炭素以外の不純物を含まない、極めて珍しい武器の材料となった。

 

※日本の武器体系の源流となるのは、琉球古武術の武器だと言われている。

 

鍛冶 018/365

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野からの、日本にまつわる365日分の知識。この本をさらっと読み、知ってるようで知らなかったことをさらっと初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて知ったかぶりしながらほんの少しだけ、書くことを1年間続けます。最低限「350ページ以上ある本を読んだよ!」の事実が残るだけでも、価値はゼロではあるまいて。言わんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 科学・技術
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

お月見 062/365

満月は豊作の象徴として、お月見は作物の実りを祈る儀式でもある。

旧石器時代の遺跡 009/365

1949年、考古学研究者・相澤忠洋が群馬県で槍先形尖頭器を発見する。

卑弥呼 037/365

三国時代の魏に使節を派遣し、「親魏倭王」の称号、金印、銅鏡100枚を贈られている。

正月 013/365

正月にまつわる風習は、若い世代を中心に、だんだん重要視されなくなってきている。

和船 025/365

地域で取れる木材によって、地方で独自の形状を持っていた。



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)






afbロゴ

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031