1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 科学・技術

酒造 032/365

「獺祭」の挑戦 山奥から世界へ

日本での酒造りの起源は、紀元前1,000年前後までさかのぼることができる。
縄文式竪穴から酒坑が見つかっている。

庶民にが日常的に飲酒の習慣を持つようになったのは日清・日露の戦いの頃で、兵士が戦地での祝杯の習慣を持ち帰ってからだ。

それまでは、酒は「ハレ」の日だけに飲む特別なご馳走だった。

同緯度の国にもない湿潤な気候が、日本の酒を特別なクオリティのものへと進化させていった。

 

※酒造メーカー独自の、蔵じたいに生存する「家つき酵母」などは、一度廃業すると再現が難しい。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野からの、日本にまつわる365日分の知識。この本をさらっと読み、知ってるようで知らなかったことをさらっと初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて知ったかぶりしながらほんの少しだけ、書くことを1年間続けます。最低限「350ページ以上ある本を読んだよ!」の事実が残るだけでも、価値はゼロではあるまいて。言わんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 科学・技術
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

鍛冶 018/365

たら製鉄で作られた高純度の玉鋼は酸化に強い。

土偶と埴輪 005/365

土偶は、日本の東・北地域で出土することが多い。
埴輪は、有力者の墳墓に埋葬されている。

正月 013/365

正月にまつわる風習は、若い世代を中心に、だんだん重要視されなくなってきている。

聖徳太子(厩戸王) 065/365

「厩戸皇子(うまやどのみこ)」。

法隆寺 042/365

法隆寺には七不思議が語り継がれている。



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)






afbロゴ

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031