1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 科学・技術

シーボルト、クラーク 249/365

投稿日:2021年9月6日 更新日:

Boys be Ambitious!!

フィリップ・フォン・シーボルトは博物学者で、長崎の出島のオランダ商館医になった。
日本の動植物を調査した『日本博物誌』を書き上げたが、近年では「江戸城本丸詳細図面」や「樺太測量図」のほか、武器・武具の解説書など、政治的意図を持って資料を本国に送っていたという研究がある。

ウィリアム・スミス・クラークは札幌農学校(現・北海道大学)の初代教頭になったアメリカ人。

有名な「Boys,be ambitious」は同校1期生との別れの際に語ったとされる。

 

※その他にもパークスやロッシュなど、幕末〜明治期に外国から訪れた人々から得た多くの情報は、日本にとって貴重なものだった。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野から、日本にまつわる365日分の知識を得よう。この本を読み、知ってるようで知らなかったことを初めて知りつつ、ああそうなのか〜なんて言いながらほんの少しだけ、メモのように書くことを1年間続けます。最低限「365ページある本を読んだんだ!」という事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。いわんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 科学・技術
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ヤマネコ 169/365

縄文後期には本土にもオオヤマネコがいたことがわかっている。

日本人と島 197/365

江戸時代には品種改良されたジュウシマツや、海外から輸入したオウムなども飼育対象になった。

空海 112/365

密教を完全な形で日本に伝えた。

運慶と快慶 110/365

慶派の仏師。

そろばん 242/365

2世紀の中国の数学書『数術記遺』には「珠算」という記述がある。

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■TRANSLATE

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ