1日1ページ、世界の教養365 文学

『失楽園』 023/365

Bedazzled (字幕版)

映画「悪いことしましョ!」(1967年版)で人間が、悪魔に対して「それで、どうしてお前は神に反逆したんだ?」と訊いた。

悪魔は「教えてやろう。俺の周りを、おお、神を讃えよ!主はなんと素晴らしい!主はなんと偉大なことか!主はなんと輝かしいことか!と唱えながら踊って回れ」と言った。

彼(人間)はしばらく言われた通りにしたが、しばらくして
「もう、うんざりだ。交代してくれないか?」
と不平をこぼした。

すると、悪魔はすかさずこう言った。
「俺も、まさにそう言ったのさ」。

 

これはかなり初期的ではっきりとした、「アンチヒーロー」の登場だったのかもしれない。

ジョン・ミルトンの叙事詩「失楽園」を、サタンに肩入れしすぎているとして批判する声すらもあったそうだ。

大天使ミカエルは神の命令に逆らったアダムとイブに、人類に起こり得る災厄の幻を見せ、二人を追放した。彼らは手を取り合って、ゆっくりとした足取りでエデンの園を去った。

ガマガエルになり蛇になり、あの手のこの手でそそのかし、神が最も大切にしていた人間の堕落に成功したサタン。

なぜ堕天使だったサタンがそうしなければならなかったのかを語ろうとすると、複雑で難解・だからこそ魅力的に映る叙述にならざるを得なかったのだろうし、現在でも多くの犯罪ドラマが被害者ではなく加害者の目線で描かれるかの理由として、これが最初の例なのかもしれない。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『僕もアメリカを歌う』 338/365

ラングストン・ヒューズの1926年に発表された詩。

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー 278/365

彼ははじめ、祖国であるロシアでは評価されなかった。

フリードリヒ・ニーチェ 272/365

ニーチェは人々に、道徳的・科学的・美的価値を問いなおせと訴えた。

カール・マルクス 265/365

それを実験した大規模な国家がソ連だったが、腐敗で自滅した。

G・W・F・ヘーゲル 258/365

彼は、歴史を非常に重視していた。

書いてる人
■PAGEFUL(24時間稼働中)


afbロゴ




2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031