1日1ページ、世界の教養365 文学

オスカー・ワイルド 296/365

さすらいの人 オスカー・ワイルド

彼は1882年、アメリカ各地で講演するためにニューヨークに到着した。
税関職員に、「私が申告するものは、我が才能のみだ」と告げたという。

小説・戯曲だけでなく、芸術思想と美学の分野でも、彼は大きな貢献をし、時代の寵児となった。

成功の階段を一気に駆け上がったが、同性愛者であることを隠さず、ある貴族の息子と「不適切な」関係を持ったとして告訴され、懲役刑を受けた。

2年後、出所したが健康を害しており、無一文で亡くなった。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

パルテノンの神殿 017/365

清貧を重んじ、奢侈を嫌う一神教の人々によって、飾りは捨てられ、派手さは削られたのだろう。

カインとアベル 021/365

子羊を捧げたアベル。
農作物を捧げたカイン。

印象主義のクロード・ドビュッシーとモーリス・ラヴェル 299/365

二人は疎遠になった。

ルネサンス音楽 040/365

あのマルティン・ルターも、賛美歌を書いたという。

ガリレオ・ガリレイ 095/365

それをローマ教皇が謝罪し、彼の行動を褒め称えたのは死後、359年を経た1992年である。

書いてる人



2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930