1日1ページ、世界の教養365 文学

『荒地』 219/365

荒地

第一次世界大戦の衝撃と波紋の影響を色濃く残す、T・S・エリオットの大作。

西洋で戦後に生まれた恐怖・人間疎外・幻滅のすべてが凝縮されている、と評される。

仏教やヒンドゥー教の神話、オウィディウス、聖書、聖アウグスティヌス、アーサー王伝説、ダンテ、シェイクスピアなどの古典から得られた知恵がふんだんに盛り込まれ、古代の信仰と様式に、現代世界の実存の危機が魅惑的に交差する。

違ったものを見せてやろう。
朝にきみのあとをついていく影でもなければ、
夕べに君の前に立ちはだかる影でもない。
一握りの塵に入った恐怖をきみに見せてやろう。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ジャンヌ・ダルク 085/365

ローマ教皇が彼女の異端宣告を破棄するには、1920年になるのを待たなければならない。

ジハード 280/365

ジハードにはそもそも、よりよいイスラム教徒になるための内面的な奮闘や、書物や説教や学問を通じて悪と戦う奮闘が含まれる。

ハシディズム 098/365

汎神論(どこにでも神はいる)と「デベクート」と呼ばれる神との密着状態を説き、反発と同時に、熱狂をも呼んだ。

東方正教会 175/365

口承の伝統が強いので、カトリックほど、聖書に頼らない。

『再臨』 345/365

ウィリアム・バトラー・イェーツの詩。

■PAGEFUL(24時間稼働中)
書いてる人




2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930