1日1ページ、世界の教養365 哲学

イデア 027/365

IDEA

プラトンが「パイドン」で披露したイデア説。これは師・ソクラテスの説ではないかと言われている。

目に見えるもの、手で感じるもの、この世にあると言えるもの、それらが全て、イデアという、永遠不滅の無条件な、すでに別世界にあるものの模倣で、それだけに実際の世の中で自分たちが触れ得るものは、しょせん生滅をくり返すはかなきものだ…。

心の目でしか見えない、表しようのない真実の姿、という風に定義して、今はかなり忘れてしまった人間たちは、実はイデアを、すでに知っている。

すでに知っているからこそ、真に認識するのは「想起」だと。

イデアは英語圏でidea(アイデア)、ドイツ語圏でIdee(イデー)となり、それぞれ近世哲学的な解釈が加えられて、現在に至る。

今見えている、感じることだけを信じず、どこかに根源的性質に至る道程があり、それには経験は不可欠ではない、いわば内的な、心的な能力が人間には備わっている、と彼(ら)は喝破した。

 

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 哲学
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

新ウィーン楽派 313/365

師匠であるアルノルト・シェーンベルグと2人の弟子によって、ウィーンを中心に始まった音楽活動。

モーツァルトの『ドン・ジョバンニ』 152/365

モーツァルトはドン・ファンを選んだ。

メタフィクション 303/365

「メタ」とは、ギリシャ語で「後の」「超越した」を意味する接頭語である。

フョードル・ドストエフスキー 261/365

皇帝の特赦によって死刑直前で赦された彼だが、精神的に消せない傷を残した。

イタリア・ルネサンス 092/365

ローマ帝国崩壊に始まった文化的な死(それはキリスト教の勃興と重なる)で、「暗黒の中世」と呼ばれた時代が終わった。

書いてる人



2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829