1日1ページ、世界の教養365

アントン・チェーホフ 163/365

櫻の園 [Blu-ray]

チェーホフは作家としての絶頂期でも、医師としての仕事を辞めることはなかった。
ロシアの批評家や知識人からは、作品のもっと政治色を出した方が良い、と迫られることが多かったという。

しかし彼は、政治色を出すと作品の普遍性が損なわれることを理由に、それを拒否し続けた。

彼の作品の筋書きは、最小限に抑えられており、物語の重要な要素は隠れている。
現実の憂鬱な側面を背景にして、登場人物の会話によって、重大な主題が浮き彫りになってくる。

1896年の「かもめ」初演は散々だった。
誤って「喜劇」として宣伝されていたため、観客の非難を浴びてしまった。彼はショックを受け、断筆まで考えたという。

ワーニャおじさんはワシらに何を言おうとしたのか

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ロゼッタ・ストーン 036/365

彼は20歳までにラテン語・ギリシア語・ヘブライ語・アムハラ語・サンスクリット語、アヴェスタ語・パフラヴィー語・アラビア語・シリア語・ペルシア語・中国語を習得していたという。

ダビデ王 063/365

すでにここから、あの「ダビデ王」になる片鱗は現れ始めた。

皇帝コンスタンティヌス一世 043/365

コンスタンティヌスのキリスト教への改宗・推進のきっかけは、「幻視体験」によるものだという。

マルティン・ルター 113/365

敬虔な信者こそ、その犠牲者になってしまっていたのだ。

ガブリエル・ガルシア=マルケス 058/365

当たり前のように感じるからリアリズム、ということで、登場人物たちは、現実には起こりえない魔的な現象に、何も言わない。

※2019.08.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031