1日1ページ、世界の教養365

『選ばれなかった道』 184/365

ロバート・フロストの世界

黄色い森の中で道がふたつに分かれていた。

残念だが両方の道を進むことはできない。

ひとりで旅する私はしばらく立ち止まり、
一方の道をできるだけ奥まで見ると、
道は先で折れて草むらの中に消えていた。

次に、もう一方を見た。
こちらも劣らず美しいし、
むしろよさそうに思えたのは、
草が生い茂っていて踏み荒らされていなかったからだ。
もっとも、それを言うなら、ここを通った人々によって
実際にはどちらもほとんど同じように踏み荒らされていたのだが。

あの朝、どちらの道も同じように、
まだ踏まれずに黒ずんでいない落ち葉に埋もれていた。
ああ、私は最初の道を、別の日のために取っておくことにした!
しかし、道が先へ先へと続いていることはわかっていたから、
ここに戻ってくることは二度とないだろうと思っていた。

この先、私はため息まじりに語り続けるつもりだ。
今から何年、何十年先になっても言い続けるつもりだ。
森の中で道がふたつに分かれており、私はーーーー
私は踏みならされていない方の道を選んだ。
そしてそれが、決定的な違いを生んだ。

 

 

 

この詩の作者ロバート・フロストは、見抜いていた。
現実の我々は、どちらが良い道などを考え、効率的に選ぶようなことはできず、単に当てずっぽうで道を選ぶことの方が多いということを。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ヘンリー・パーセル 075/365

彼の作った曲は、王の戴冠式や、女王の葬儀でも使われた。

ジャンヌ・ダルク 085/365

ローマ教皇が彼女の異端宣告を破棄するには、1920年になるのを待たなければならない。

古典派 117/365

モーツァルトのように貧困のうちに生涯を終え、墓標すらない者も多い。

ハーレム・ルネサンス 016/365

アメリカを構成する一つの重要な要素としての、アフリカン・アメリカンの矜持が示された。

ハギア・ソフィア 031/365

「アヤソフィア」と表記されることも多い。

※2019.07.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031