1日1ページ、世界の教養365 文学

『緋文字』 191/365

緋文字 (新潮文庫)

金糸で縁取られた「A」の緋文字。
これは姦通(adultery)を示す、懲罰的な印だった。

作者であるナサニエル・ホーソーンは、ピューリタンの厳格だが寛容さに欠けるその道徳律が、害をなすことの方が多い、ということを知っていた。

この作品では登場人物の名前に、寓意が含まれるという工夫をしている。

そして緋文字そのものも、恥辱と疎外の象徴から、主人公(へスター)の力強さと高潔さを示す印となっていく。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

イエスの磔刑 147/365

イエスは激怒していた。

フランツ・シューベルト 194/365

彼はその短い生涯で、600曲以上を書いた。

後期印象派 248/365

彼らは印象派の画家たちと違い、孤独を愛し、単独で行動する傾向があった。

シャリーア 224/365

それはシャリーアが、アッラーの定めたものだからだ。

パルテノンの神殿 017/365

清貧を重んじ、奢侈を嫌う一神教の人々によって、飾りは捨てられ、派手さは削られたのだろう。

書いてる人

■PAGEFUL(24時間稼働中)




2020年6月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930