1日1ページ、世界の教養365 文学

マルセル・プルースト 226/365

失われた時を求めて フランスコミック版 スワン家のほうへ

プルーストの巨編小説「失われた時を求めて」は、20世紀文学の最高傑作、と呼ばれている。

しかし1913年から1927年にかけて七篇に分けて出版されたこの小説は、それまでのどの小説とも違っていた。第一篇を持ち込まれた出版社はその扱いに戸惑い、出版を断ったという。

彼は両親から相続した遺産を使って、自費で出版した。

この作品でプルーストは、時間とは特定の形を持たずに流れているく一個のまとまりであり、順序よく並んでいる直線的なものではない、と提唱した。

我々が当たり前な考えの一つと感じている時間に対する感覚を、プルーストは初めて文学という形で昇華させた。

その後、多くの作家たちがその考えを深めることに挑戦している。

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

イスラム教の広がり 050/365

爆発的に拡大したイスラム教地域は、科学・文化の面でもヨーロッパを凌駕した。

ピョートル大帝 148/365

彼はひげを禁止した。

『ベーオウルフ』 114/365

8世紀ごろ完成したと言われているが、作者は未詳である。

楽器と楽団 033/365

この、特定の楽器たちの組み合わせと演奏は、クラシック音楽を、少し聴いただけで「それ」とわかる特徴となっている。

『闇の奥』 37/365

ジョーゼフ・コンラッドの小説。



書いてる人

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031