1日1ページ、世界の教養365 文学

『高慢と偏見』 128/365

高慢と偏見 (中公文庫)

ジェイン・オースティンの代表作。

彼女は若くして亡くなったが、「高慢と偏見」は、今でもイギリスを中心に愛されている。

彼女が描いた人物たちの描写は、それまでの小説と違って生き生きと人間の生を感じさせた。

そしてユーモアとハッピーエンドを組み合わせることで、1813年の発表以来、愉快な古典として親しまれ続けている。

ウィットと人間観察。
中産階級に属しながらも高い教育を受けた彼女は、この「高慢と偏見」を1796年には書き上げながらも10年以上経ってから手を加え、出版に至ったという。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

核分裂 361/365

反応時間は1000分の1秒だ。

真 328/365

そのほかにも、「余剰説」がある。

中世哲学 083/365

アベラールはエロイーズのおじに激怒され、局部を切断されている。

『これは世界に宛てた私の手紙』 310/365

ディキンソンは1700編以上の詩を書いたが、生前に発表したのは、そのうちのわずか7編だった。

ソドムとゴモラ 042/365

彼の妻は逃げる最中に振り返ってしまったため、塩の柱にされてしまった。

書いてる人



2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829