1日1ページ、世界の教養365

『高慢と偏見』 128/365

高慢と偏見 (中公文庫)

ジェイン・オースティンの代表作。

彼女は若くして亡くなったが、「高慢と偏見」は、今でもイギリスを中心に愛されている。

彼女が描いた人物たちの描写は、それまでの小説と違って生き生きと人間の生を感じさせた。

そしてユーモアとハッピーエンドを組み合わせることで、1813年の発表以来、愉快な古典として親しまれ続けている。

ウィットと人間観察。
中産階級に属しながらも高い教育を受けた彼女は、この「高慢と偏見」を1796年には書き上げながらも10年以上経ってから手を加え、出版に至ったという。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『闇の奥』 37/365

ジョーゼフ・コンラッドの小説。

アプリオリな知識 132/365

1+1=2、は、アプリオリな知識なのだろうか。

中世哲学 083/365

アベラールはエロイーズのおじに激怒され、局部を切断されている。

黒死病 078/365

教会への畏怖の念が下降してしまったことから、ルネサンスへの萌芽は生まれた。

旋律 012/365

少しでも似ていると「パクった」と言われかねない。

※2019.05.15更新↓
書いてる人


Hulu


2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031