1日1ページ、世界の教養365 文学

『ソネット18番』 324/365

7人のシェイクスピア NON SANZ DROICT(7) (ヤンマガKCスペシャル)

ウィリアム・シェイクスピアが広めたソネット形式は、そもそもは14世紀のイタリアで生まれた。

初期の頃にはダンテ・アリギエリやペトラルカが多用していた。
イギリスに伝わると形式が少し変化し、四行連を3つ使い、最後の二行連句に意外なひねりや展開を入れるようになった。
シェイクスピアも、この形式を多用している。

「ソネット18番」は美しさとはかなさ、芸術が持つ不朽の力を表現している。
この詩は、「永遠に生きる韻文」を通して、「人間がこの世で息をし続け、目で物を見ることができる限り」実質的に「命を与え続ける」ことを示唆している。

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないかという実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったことを初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、ほんの少しだけ書くことを1年間続けています。最低限「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいいんじゃないか、と。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

黒死病 078/365

教会への畏怖の念が下降してしまったことから、ルネサンスへの萌芽は生まれた。

タージ・マハル 150/365

言い伝えによると皇帝は、自らを死後に葬るための、黒大理石の墓を対岸に建てるつもりだったらしい。

フョードル・ドストエフスキー 261/365

皇帝の特赦によって死刑直前で赦された彼だが、精神的に消せない傷を残した。

悪の問題 223/365

神が全知全能で、完全なる善ならば、なぜこの世には悪がはびこっているのだろう。

侵害受容:痛みを知覚すること 046/365

脳内にある痛みに関する部位は、身体的な痛みと、感情的な痛みを区別していない。

書いてる人



2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031