1日1ページ、世界の教養365

ガブリエル・ガルシア=マルケス 058/365

百年の孤独 720ml 桐箱入り

1982年にはノーベル文学賞を受賞するガブリエル・ガルシア=マルケス。
コロンビアで生まれた彼は、親族たちが繰り返し語る、一族の物語をよく聞いていたという。

それが、「百年の孤独」にも活かされているのではないか。
長い歴史の中で人は、狭いコミュニティを守ろうとしつつ外部との接触を増やし、逃れられない内戦・独裁・労働争議などを経ていく。

同じ失敗を繰り返す円環構造を強調するために、異なる世代の人に同じ名前がつけてある。

魔術的リアリズム、という手法も、ガブリエル・ガルシア=マルケスを代表するものだ。
当たり前のように感じるからリアリズム、ということで、登場人物たちは、現実には起こりえない魔的な現象に、何も言わない。

だからこそ、「雨が降ったら濡れる」のように、それは叙事的な魅力を発揮し、物語を深く、寓話的に見せてくれるのである。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ジャンヌ・ダルク 085/365

ローマ教皇が彼女の異端宣告を破棄するには、1920年になるのを待たなければならない。

アルファベット 001/365

文字を持ち複雑な思考を独り占めしていた特権階級は、命令を奴隷に伝えるために文字を簡略化した。

超新星 039/365

そして地球人は、偶然この星にたどり着いたそれらの元素でできた金属を、ありがたそうに採掘・加工・流通させて、人生を守る何かのように、大事に保管している。

旋律 012/365

少しでも似ていると「パクった」と言われかねない。

アレクサンドロス大王 022/365

20歳で王位を継いだ大王は、33歳で死ぬ。

書いてる人


Hulu


2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031