1日1ページ、世界の教養365

ガブリエル・ガルシア=マルケス 058/365

百年の孤独 720ml 桐箱入り

1982年にはノーベル文学賞を受賞するガブリエル・ガルシア=マルケス。
コロンビアで生まれた彼は、親族たちが繰り返し語る、一族の物語をよく聞いていたという。

それが、「百年の孤独」にも活かされているのではないか。
長い歴史の中で人は、狭いコミュニティを守ろうとしつつ外部との接触を増やし、逃れられない内戦・独裁・労働争議などを経ていく。

同じ失敗を繰り返す円環構造を強調するために、異なる世代の人に同じ名前がつけてある。

魔術的リアリズム、という手法も、ガブリエル・ガルシア=マルケスを代表するものだ。
当たり前のように感じるからリアリズム、ということで、登場人物たちは、現実には起こりえない魔的な現象に、何も言わない。

だからこそ、「雨が降ったら濡れる」のように、それは叙事的な魅力を発揮し、物語を深く、寓話的に見せてくれるのである。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『カンタベリー物語』100/365

なんらかの理由でそれが、24にとどまることになった。

『キャッチ=22』 051/365

父親がおもしろい名前をつけようとして考えたらしい。

モーツァルトの『ピアノ協奏曲第21番』と『交響曲第41番』 166/365

モーツァルトはウィーン時代に、ピアノ協奏曲を17曲作った。

サラ 035/365

その歳になると、急激な感情の起伏は心臓に悪いということか…。

ルネサンス音楽 040/365

あのマルティン・ルターも、賛美歌を書いたという。

※2019.08.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031