1日1ページ、世界の教養365 文学

『僕もアメリカを歌う』 338/365

ラングストン・ヒューズの1926年に発表された詩。

1920年代に起こった、アフリカ系アメリカ人の文化的覚醒、および芸術的創作活動の復活運動「ハーレム・ルネサンス」を象徴する作品だ。

これは、ウォルト・ホイットマンの詩「アメリカの歌声が聞こえる」に応えた詩だと言われている。

語り手は「僕もアメリカだ」と高らかに宣言し、いつか自分も差別を超え、アメリカの一員として認められ平等な扱いになる、という確信を持った言葉を力強く並べている。

ヒューズは1921年、NAACP(全米黒人地位向上協会)の雑誌「クライシス」に発表した「二グロが川について話す」で有名になった。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないかという実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったことを初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、ほんの少しだけ書くことを1年間続けています。最低限「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいいんじゃないか、と。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

グッゲンハイム美術館 304/365

設計は、すでに名声を得ていたフランク・ロイド・ライトに託された。

ムアーウィヤ一世 259/365

ムアーウィヤ一世から始まるウマイヤ朝は661年〜750年まで続いた。

『ボヴァリー夫人』 282/365

ギュスターヴ・フローベールの問題作。

『失楽園』 023/365

「俺も、まさにそう言ったのさ」。

ルネ・デカルト 104/365

「われ思う、ゆえにわれあり(コギト・エルゴ・スム」は、肉体と精神を分けて考えるという説明に、よく使われる。

書いてる人



2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031