1日1ページ、世界の教養365 文学

『すばらしい新世界』 149/365

すばらしい新世界

ディストピア文学の最高峰だと言われる、オルダス・ハクスリーの小説。

彼が予見し、書いた管理社会は、本人が「間違いなく近づいている」と後のエッセイで書くほどに、未来を描いていた。

政治制度だけでなく、科学の分野から未来を描いたこの作品は、人間の純粋な存在を揺るがすシステムの怖さを、存分に味あわさせてくれる。

小説のタイトルは、「テンペスト」から取られている。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『考える人』 220/365

膝よりも腕や頭、上体が前に出ているのはそのためである。

オゾン層 109/365

2000000:1である。

黒死病 078/365

教会への畏怖の念が下降してしまったことから、ルネサンスへの萌芽は生まれた。

『再臨』 345/365

ウィリアム・バトラー・イェーツの詩。

『高慢と偏見』 128/365

彼女が描いた人物たちの描写は、それまでの小説と違って生き生きと人間の生を感じさせた。

■PAGEFUL(24時間稼働中)
書いてる人




2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930