1日1ページ、世界の教養365 文学

『見えない人間』 233/365

見えない人間 (1)

アメリカに大きな議論と衝撃をもたらした、ラルフ・エリスン唯一の小説。

白人と黒人に、同時に動揺をもたらし、文学にジャズのリズムを持ち込んだという意味で、今でも話題にのぼるベストセラーだ。

アメリカで生きる主人公が、黒人として白人から受ける差別、そして同じ黒人からも、それぞれの主義主張のために道具として扱われる理不尽、自分は彼らから、尊厳ある個人としては見られていない現実に直面する。

彼は地下に潜り、自分の人生について書く。

この作品の偉業は、まだ、塗り替えられてはいない。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

 

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

天使ガブリエル 287/365

聖母マリアの前に現れて、イエスを身篭っていると告げるのもガブリエルだ。

オーギュスト・ロダン 213/365

「鼻のつぶれた男」は公的な展覧会では未完成の誹りをうけ、拒絶されたりもした。

『真珠の耳飾りの少女』 143/365

目と口に、わずかに塗られた白とピンク。

『荒地』 219/365

西洋で戦後に生まれた恐怖・人間疎外・幻滅のすべてが凝縮されている、と評される。

ソナタ形式 159/365

ソナタ形式は「提示部」「展開部」「再現部」に分かれており、とりわけ「展開部」において、作曲家たちは己の腕を競い合った。

書いてる人
■PAGEFUL(24時間稼働中)


afbロゴ




2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031