1日1ページ、世界の教養365 文学

『見えない人間』 233/365

見えない人間 (1)

アメリカに大きな議論と衝撃をもたらした、ラルフ・エリスン唯一の小説。

白人と黒人に、同時に動揺をもたらし、文学にジャズのリズムを持ち込んだという意味で、今でも話題にのぼるベストセラーだ。

アメリカで生きる主人公が、黒人として白人から受ける差別、そして同じ黒人からも、それぞれの主義主張のために道具として扱われる理不尽、自分は彼らから、尊厳ある個人としては見られていない現実に直面する。

彼は地下に潜り、自分の人生について書く。

この作品の偉業は、まだ、塗り替えられてはいない。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

 

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『最後の晩餐』 080/365

ダヴィンチは、ユダの心理状態を描いた。

シーア派とスンナ派 231/365

ムハンマドは、後継者をはっきりと指名し、決定しなかった。

ポール・ゴーギャン 255/365

静かで生活費のかからない暮らしを望み、各地を転々とした最後の地がそこだった。

イマヌエル・カント 237/365

「純粋理性批判」「実践理性批判」「判断力批判」などで知られる、ドイツ最大の哲学者。

ニッコロ・パガニーニとフランツ・リスト 229/365

二人とも演出に長け、女性を虜にした。

書いてる人



2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930