1日1ページ、世界の教養365

『キャッチ=22』 051/365

キャッチ=22〔新版〕(上) (ハヤカワepi文庫 ヘ)

未読だが、一人の登場人物の名前を聞いただけで、すぐにでも読みたくなった。

第二次世界大戦中、イタリアのピアノーサ島に爆撃隊員として駐留しているのが主人公なのだが、そこにいる中隊長、メイジャー・メイジャー・メイジャー少佐。この「少佐」はもちろん「メイジャー」と読む。

父親がおもしろい名前をつけようとして考えたらしい。

そのほか、妙な登場人物がどんどん出てくるだけでなく、時系列もめちゃくちゃに物語が進んでいく。

それが戦争というものの混沌と混乱を表現していて、1961年に発表されて以来、「キャッチ=22」という言い方そのものが「どうしようもない状況」を表す成句になっているのだという。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

パリのノートルダム大聖堂 052/365

フランスの歴史の、節目を見届けきた大聖堂。

催眠状態 158/365

専門家の多くは、車の運転とテレビの視聴を催眠状態だと考えている。

スペイン異端審問 106/365

苛烈で残酷な異端審問は、今でも宗教的迫害の代名詞とされている。

イエス・キリスト 105/365

彼は降誕・受難・復活を経て、今でも多くの人に祈りを捧げられる「神の子」になった。

ジョージ・バークリー 188/365

バークリーの観念論とは、この世に物質的なものは存在せず、すべては霊または魂など、精神にある概念や思想だけが存在するという考え方のことだ。

※2019.07.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031