1日1ページ、世界の教養365

ウェルト・ホイットマン 198/365

草の葉 初版 (大人の本棚)

ホイットマンの代表作「草の葉」は、何度も改訂された。

1892年、最終的な決定版になった最後の改訂版は「臨終版」と呼ばれる。

巻頭の「ぼく自身の歌」は、この偉大な詩人の代表的な詩集の雰囲気を決定づけている。

ぼくは、ぼくを祝福して、ぼく自身を歌う。
ぼくが身につけるものを、君も身につける。
ぼくに属する原子はすべて、君にも属しているのだから。

ぼくはのんびりして、魂を招く。
気ままにくつろぎ、のんびりしながら、夏草の尖った若草をじっと見つめる。

ぼくの舌、ぼくの血のあらゆる原子は、この土、この空気から形作られ、
この地で両親から生まれ、その両親も同じくこの地で生まれ、そのまた両親も同様の、その、今は37歳で健康状態も申し分ないぼくは、出発する。
死ぬまで止まらないようにと願いながら。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

『キャッチ=22』 051/365

父親がおもしろい名前をつけようとして考えたらしい。

ソドムとゴモラ 042/365

彼の妻は逃げる最中に振り返ってしまったため、塩の柱にされてしまった。

ヴァージニア・ウルフ 170/365

彼女は第一次世界大戦の残虐性に衝撃を受け、19世紀から続く写実的な文学の原理では、戦後の世界を描くことはできないと断じた。

マルティン・ルター 113/365

敬虔な信者こそ、その犠牲者になってしまっていたのだ。

ロマン主義 164/365

過去の異なる様式を融合させるのも、その手法の特徴と言える。

書いてる人


2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031