1日1ページ、世界の教養365 文学

ウェルト・ホイットマン 198/365

草の葉 初版 (大人の本棚)

ホイットマンの代表作「草の葉」は、何度も改訂された。

1892年、最終的な決定版になった最後の改訂版は「臨終版」と呼ばれる。

巻頭の「ぼく自身の歌」は、この偉大な詩人の代表的な詩集の雰囲気を決定づけている。

ぼくは、ぼくを祝福して、ぼく自身を歌う。
ぼくが身につけるものを、君も身につける。
ぼくに属する原子はすべて、君にも属しているのだから。

ぼくはのんびりして、魂を招く。
気ままにくつろぎ、のんびりしながら、夏草の尖った若草をじっと見つめる。

ぼくの舌、ぼくの血のあらゆる原子は、この土、この空気から形作られ、
この地で両親から生まれ、その両親も同じくこの地で生まれ、そのまた両親も同様の、その、今は37歳で健康状態も申し分ないぼくは、出発する。
死ぬまで止まらないようにと願いながら。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

印象派 185/365

独自の芸術集団に対する蔑称として「印象派」という言葉は生まれた。

ハシディズム 098/365

汎神論(どこにでも神はいる)と「デベクート」と呼ばれる神との密着状態を説き、反発と同時に、熱狂をも呼んだ。

ニッコロ・パガニーニとフランツ・リスト 229/365

二人とも演出に長け、女性を虜にした。

正義 335/365

正義にかなう社会とは、どんなものだろうか。

ヨセフ 049/365

17歳の弟に、突然「お前ら兄貴らと父さん母さん、あんたらは俺の前にひざまづくだろう」と言い出されたら、家族は紛糾するだろう。

■PAGEFUL(24時間稼働中)
書いてる人




2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930