1日1ページ、世界の教養365 文学

『ベーオウルフ』 114/365

「ベーオウルフ」は、一部しか残存していない。しかも写本しかない。
もともと口承のみで伝えられてきたものが古英語で記された。

そこには北欧地域での、キリスト教と土着の宗教との混交の過程を垣間見ることができる。

覚えやすいよう、複雑ではあるが頭韻法が用いられ、さらに婉曲代称法(ケニング)と呼ばれる、説明的な短い比喩がふんだんに盛り込まれている。

この作品は、実は19世紀まで忘れ去られていた。
20世紀に脚光を浴び、その後の詩人たちに大きな影響を与えている。

8世紀ごろ完成したと言われているが、作者は未詳である。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。


にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

善いサマリア人 119/365

イエスが弟子たちに求めた、愛の姿を語ったと言われている。

ポール・セザンヌ 206/365

ピカソは彼を「私たち全員の父」と呼んで敬愛した。

和声(ハーモニー) 019/365

ハーモニーの語源は「固定」「つなぐ」という意味のギリシャ語「ハルモニア」なのだそうだ。

ウィンストン・チャーチル 295/365

ノルマンディー上陸作戦で形勢不利をひっくり返し、彼は英雄になった。

グスタフ・マーラー 292/365

彼が指揮した数年後に、世界的な名声を獲得したオーケストラは多い。





まだデータがありません。











2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031