1日1ページ、世界の教養365 文学

『ベーオウルフ』 114/365

ベオウルフ/呪われし勇者(字幕版)

「ベーオウルフ」は、一部しか残存していない。しかも写本しかない。
もともと口承のみで伝えられてきたものが古英語で記された。

そこには北欧地域での、キリスト教と土着の宗教との混交の過程を垣間見ることができる。

覚えやすいよう、複雑ではあるが頭韻法が用いられ、さらに婉曲代称法(ケニング)と呼ばれる、説明的な短い比喩がふんだんに盛り込まれている。

この作品は、実は19世紀まで忘れ去られていた。
20世紀に脚光を浴び、その後の詩人たちに大きな影響を与えている。

8世紀ごろ完成したと言われているが、作者は未詳である。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

プラトン 020/365

裕福な家庭に生まれた市民でありながら政治家にはならず、哲学に進んだプラトン。

ソナタ形式 159/365

ソナタ形式は「提示部」「展開部」「再現部」に分かれており、とりわけ「展開部」において、作曲家たちは己の腕を競い合った。

『すばらしい新世界』 149/365

小説のタイトルは、「テンペスト」から取られている。

コギト・エルゴ・スム 111/365

自分の考えや感情、欲求について考えることと、それ以外について考えることおは、何が違うのか?

儒教 343/365

そこには主に上下関係が存在し、これを守らないから社会が乱れる、とした。

書いてる人

■PAGEFUL(24時間稼働中)




2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031