1日1ページ、世界の教養365 文学

『再臨』 345/365

祖国と詩:W・B・イェイツ

ウィリアム・バトラー・イェーツの詩。

イェーツといえばアイルランドの文化を保護し、イギリスの影響を排除する運動に貢献したことで知られている。

彼はこの世界を、2000年周期で1サイクルとする歴史観を持っていた。
イエス・キリストの誕生がその上昇時のピークで、この詩の発表時、間も無く下降し続けた世界は、底に到達すると考えていた。

第一次世界大戦を経験したばかりの彼は、この詩を読みながら、世界の週末は近いのではないかと感じていた。

彼がこの詩に込めたイメージには、正確には不明だが、世相と、歴史を貫き通す視点が感じられる。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないかという実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったことを初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、ほんの少しだけ書くことを1年間続けています。最低限「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいいんじゃないか、と。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ノア 014/365

神が急に決めた「7日後から40日間、大雨降らせて壊滅的な洪水を引き起こすから」という無茶に、すごい速さで対応して世界を救ったノア。

『グレート・ギャッツビー』 079/365

彼はこのタイトルにするのに何ヶ月も悩んでいたという。

ポストコロニアリズム 156/365

植民地時代は「白人の責務」とばかりにアジアやアフリカ、南米地域を「文明化」することに喜びを感じ、それを差別的に表現することに躊躇しなかったヨーロッパ人たちだが、時代が代わり、植民地解放が進むと、独立した地域から優れた作家たちが多数輩出された。

ユリウス・カエサル 029/365

だけど、暗殺された。

心身問題 118/365

身体の痛みが脳伝わる仕組みと、心は別ものなのだろうか。

■PAGEFUL(24時間稼働中)
書いてる人




2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031