1日1ページ、世界の教養365 文学

『再臨』 345/365

祖国と詩:W・B・イェイツ

ウィリアム・バトラー・イェーツの詩。

イェーツといえばアイルランドの文化を保護し、イギリスの影響を排除する運動に貢献したことで知られている。

彼はこの世界を、2000年周期で1サイクルとする歴史観を持っていた。
イエス・キリストの誕生がその上昇時のピークで、この詩の発表時、間も無く下降し続けた世界は、底に到達すると考えていた。

第一次世界大戦を経験したばかりの彼は、この詩を読みながら、世界の週末は近いのではないかと感じていた。

彼がこの詩に込めたイメージには、正確には不明だが、世相と、歴史を貫き通す視点が感じられる。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないかという実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったことを初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、ほんの少しだけ書くことを1年間続けています。最低限「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいいんじゃないか、と。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ウラジミール・レーニン 281/365

レーニンの遺体は防腐処理され、モスクワ中心部の霊廟に安置された。
今も、そこにある。

ヴァージニア・ウルフ 170/365

彼女は第一次世界大戦の残虐性に衝撃を受け、19世紀から続く写実的な文学の原理では、戦後の世界を描くことはできないと断じた。

アンリ・マティス 297/365

マティスは、フォーヴィズムの生みの親の一人に数えられる。

古典派 117/365

モーツァルトのように貧困のうちに生涯を終え、墓標すらない者も多い。

フェルマーの最終定理 333/365

357年間、誰も解けなかった問題を解いた。



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)





afbロゴ

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930