自論構築過程

都会と田舎のクルマ運転の違い

 

自動車の運転にも県民性がある、っていうような話、たまに聴きます。

裏ケンミンショー、みたいな感じで、あんまり良い方向からは出てこない話、というか。

岡山県では「ウィンカーを出さない」っていうのは有名になりましたよね。

日本一ウィンカーを出さない岡山県 「使用するのは恥ずかしい行為」
https://news.livedoor.com/article/detail/13279667/

にわかには信じられませんがw、よくそれで事故が起こらないものだ…と思ったらふつーにめちゃくちゃ事故、起こってます。そりゃそうですよね。無意味にウィンカーってついてるわけじゃないですし、岡山県人だけが急に「ウィンカーを感知しなくても前方の車がどっちへ行きたいかは事前にわかる」っていうわけでもない。

普通に、岡山県だけ特別に厳しく取り締まればいいだけだと思うんですけどね…「恥ずかしい」っていうのが本当だとしたら、もうそれだけで自動車を運転する適性が低い、っていうことなので、免許剥奪してもいいと思いますよ。

…とは言え、「都会か田舎か」も、自動車の運転(あるいは運転技術)にはずいぶんと関わってきますよね。

田舎で運転すると、まぁ、整備されていない道路とか、舗装されてるけどいったん左右の田んぼからの砂で「砂道」みたいになってる道とか、いろいろです。大型トラックの通行が頻繁で、再度の舗装が間に合っておらず「ナマズでも飼ってるのか」というほどの穴が空いてる道とか普通にあります。

買い物をする場所、デパートもスーパーも、駐車場は基本「無料」なのが田舎です。東京ではファミリーレストランでも「90分まで無料」とかで、それ以降は有料になる。田舎であれやったら誰も来ないでしょうねえ。

例えば都内でも、駐車場が無料の施設があったら、そこは「親切」か「田舎」かのどちらかだと考えていいでしょう。道路が狭く通行量の多い都会では、車一台分のスペースでさえ有料駐車場として不労所得が望める。だから「無料でどうやら無制限っぽくパーキングスペースがある」ということは、停めっぱなしで違う場所へ行くのに利用できる、というほどのモノが周辺に無い、ということを示唆しています。

 

つまり「田舎だよ」ってこと。

その判断基準は、だいたい当たってる気がします。

田舎と都会を問わず「いやいや、そこへ停めたら、みんな困るでしょ?」っていう場所に、停まってる人っていますよね。運転席を見てみると、こういう感じです。

・おばさん
・おじいさん
・若いママ
・怒ったような顔のおじさん

おばさんは、「自分の用事しか見えない」状態になることが多いようです。

「あの店に用事がある」→「停めるのはその店の前」→「停める」

この3つ以外が頭の中にない。
はっきり言って一番迷惑なのが「おばさん」です。

おじいさん、これはもう「大丈夫だろうか」が先に立ちます。
もはや周りの交通事情など目に入らないまでに耄碌してしまっているのだろうか、親族の協力が望まれます。クラクションが鳴っても「まさか自分だとは」的な態度で泰然自若。

若いママさんは、「お迎え」なんですねおそらく。我が子を思うあまり、交通違反だろうが何だろうが御構い無し、になってしまうようです。有名スイーツ店とか保育園のそばとか、学習塾の終了時刻近くになると、周辺道路の交通渋滞などなんら気にせず「我が子、我が子」というオーラが乗用車から噴き出しています。

 

そして怒ったような顔のおじさん、これは、上に書いた3つの属性の人らに「ここで待ってて」と待たされているんですね。だから怒ってる。俺が自分の意志で停まるならこんな無粋な場所には停車しないんだが…済まぬ…許されよ…という、下級武士の哀愁すら漂わせていますね。

 

迷惑駐車が迷惑な理由

勝手なところに停車してやがる…迷惑ではありながら、実はとんでもな緊急性を帯びて停まっているやも知れず、実はあれって「お互い様」だったりもするんですよ。
だけど、「まぁいいやいつも停めてるし」が度重なって、プラス同じような人が通行を完全に妨げてしまうような停め方をしてしまった結果、救急車・消防車などの緊急車両が通れない、という事態になりかねません。

そんなこと、めったにないんだけど、その「めった」にスッと通れないと、緊急車両の意味がない。
だから迷惑駐車はダメなんです。

免許とりたてとか、逸脱するのがかっこいいと思い込んでるアホヤンキーならいざ知らず、「ここは停めてても取り締まりがこない」と、「無断迷惑駐車できるポイント」を自慢してる大人がいますが、とてつもなくかっこ悪いですね。

それを「知識を持ってるものが勝つ」みたいにかっこいいと思ってる様子がとてつもなくかっこ悪いです。なにも考えず、なんの躊躇もなく、最寄りのパーキングを探して見つけて黙って停める、これが正しい。「ここはタダだよ!!」というのは自慢にはなりません。他人の迷惑の上に、あぐらをかいているバカです。

やはり、それっ田舎っぽい考え方、なのかも知れませんね。

「駐車場は無料」が染み付いてしまってて、「1回でも無料にした方が正義」という観念に取り憑かれている。都会ではまずそれは不可能ですから、「いかにして安く」ならわかりますけど、「無料の場所を知ってる」は、ただ貧乏くさくてみっともないだけです。

予定がわかってるならakippa、などをサッと使うのが正しい。


駐車料金問題が“ほぼ”完全に解決しかけていることをお知らせいたします

 

都会は運転事情が厳しい。

首都高や阪神高速の生存競争は、田舎道のんびり走行とは違い、譲り合いとせめぎ合いが同居したような、集中力が必要とされます。

だけど田舎では、車無しには成り立たない生活がある。
東京なら絶対に歩いて行くような距離感も、田舎で歩いて行ったことがない。

グーグルマップで具体的に調べてみたんですが、それは事実でした。
あの店・あの駅・あの商店街、歩くのが普通だと思ってる距離より近いのに、田舎のホームセンター、自動車以外で行ったことがない。「車で行くもの」と、思い込んでいるからです。

岡山のウィンカー問題も「思い込んでる」んですよね、何かを。
単純な「県民性」なんてウソッパチだと私は思っているけれど、地域差はやはりある。

それは啓蒙で必ずなんとかなるものだと思いますし、もし自動運転やAIが発達して、どこに迷惑駐車を何分したか、などのデータもわかるようになったりしたら、変わってくるような気がします。

 

クルマ事情がもっと良くなるには?

私は割と昔から思ってるんですけれど、どんな自動車にもカードリーダが付いていて、免許証がデータカードになっており、運転の記録などの全てが管理できるようになればいいと思いません?

有効な免許証を差し込まないとまず、エンジンがかからない。
違反で免停になっている人のカードでは運転はできない。
走行のデータが全て入っているので、ペーパードライバーかどうかもすぐわかる。

ETCカードがデータ管理で、便利になってきていますよね。いわゆる「ETC2.0」。

ETC、意外と知られていない最新進化と歴史
可能なのは料金自動収受だけじゃない
https://toyokeizai.net/articles/-/212239

ETCカードはクレジットカードと紐づいているので、密接な個人的なデータとも言えます。
「お金を払ってまで移動して、彼はどこへ行くのか」は貴重なデータなんでしょう。料金は走行距離と比例しているので、走行時間すら割り出せる。

こういうデータをもとに、全ての情報が一元化されると…なんて言うと、「個人情報ガー!」「国家権力ガー!」って怒る人らが、必ずいるんですよねえ…。

自動車周りは、まだまだ便利になるはずなんですよね。ならないとおかしい。

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-自論構築過程
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

“ありのまま野郎”の話。

「ありのままのあなた」が好きなんです。

クレメンティア(寛容)とは何か?

わははは、ってなんでも笑えるようになりたいもんですねえ。

北斗の拳について考える3秒

そしてバーガー。

破竹

「聖地巡礼」に関する勝手な違和感[破竹]

それって町おこしですかね?

「世界観」ってなんだろう?

世界観という言葉、よく聞きますよね。 世界感、とも言うか。 世界観(せかいかん、独: Weltanschauung)とは、世界を全体として意味づける見方・考え方のことである。 人生観より広い範囲を包含 …

TOXICblogバナー

TOXICblogバナー
書いてる人


2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31