1日1ページ、世界の教養365

『闇の奥』 37/365

闇の奥 (光文社古典新訳文庫)

 

ジョーゼフ・コンラッドの小説。

かなりの脚色を経た1979年の映画「地獄の黙示録」の原作としても有名。

小説の主人公マーロウが出会う、アフリカ・コンゴの象牙商人クルツ(Kurtz)が、映画ではヴェトナムの陸軍大佐カーツ(Kurtz)に変更されている。

ヨーロッパの帝国主義がアフリカを蹂躙し残虐に搾取し続ける状況と、人間本来の生きる意味、のようなものを追い求める原作が、アメリカが戦争で、東南アジアは破壊し生きる意味さえ失った兵士の幻覚を感じさせる映像に転化され、人気のベストセラーとなっている。

普通、奥には闇があるが、「闇の奥」とは、さらにその先に見える何か、を暗示しているのだろうか。

 

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

皇帝コンスタンティヌス一世 043/365

コンスタンティヌスのキリスト教への改宗・推進のきっかけは、「幻視体験」によるものだという。

バロック 047/365

オペラの男性主役は、思春期に去勢された「カストラート」が務めた。

侵害受容:痛みを知覚すること 046/365

脳内にある痛みに関する部位は、身体的な痛みと、感情的な痛みを区別していない。

ハンムラビ法典 008/365

何らかの超常の存在を素朴に信じていた時代、高度な「概念」であるはずの「法の支配」を標榜したというのは、支配層にとってはとんでもない、また被支配層にとっては「なんだかよくわかならない呪術の一つ」に映ったのかもしれない。

ノア 014/365

神が急に決めた「7日後から40日間、大雨降らせて壊滅的な洪水を引き起こすから」という無茶に、すごい速さで対応して世界を救ったノア。

書いてる人


Hulu


2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728