1日1ページ、世界の教養365

ポストモダニズム 142/365

サルガッソーの広い海 (ジーン・リース・コレクション)

ポストモダニズムを代表する作家を一人、挙げることはできない。
一般的に1940年代から始まったと言われるポストモダニズムの潮流は、作家たちに、様々な試みに挑戦させた。

ある者は喜劇的要素と風刺を利用した。
ある者は伝統的なジャンルの垣根を曖昧にしたり取り払ったりした。
ある者は現代社会で個人が抱く不平不満に焦点を当てた。

モダニズム作家たちが無視していたと彼らが感じていた、「弱者からの視点」で語り直したりした作家もいる。
ジーン・リースの「サルガッソーの広い海」は、シャーロット・ブロンテの「ジェイン・エア」の登場人物の背景を語ったものだ。

ポストモダニズム文学における様々な挑戦は今も続いており、まだ終わっていないと考えられている。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

アルバート・アインシュタイン 123/365

彼は2代目の、イスラエル大統領に推されたこともある。

時間 146/365

つまり「今」とは「ここ」と同じようなもの、ということである。

ジョセフ・スミスとモルモン教 196/365

アルコール、タバコ、コーヒー、お茶は禁じられている。

プラトンの洞窟と比喩 034/365

万物の真の基礎である抽象的で永遠不変な真理を認識した人が、つまりは世界を統治するべきだ、とプラトンは考えていた。

重力 137/365

「宇宙酔い」は、それが原因で起こる。

※2019.08.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031