1日1ページ、世界の教養365 文学

『ロリータ』 268/365

ロリータ (字幕版)

ウラジミール・ナボコフの小説。

彼が英語で書いたこの物語は、アメリカでは出版社が見つからず、結局フランスで出版された。
傑作であるという評価と、完全なる猥褻本だという評価に分かれた。

少女への性愛が真の愛に変わった教授の物語は今日、セクシュアリティと抑圧を鋭く掘り下げた文学作品だと評価されている。

そして、ナボコフが編み出した語り口は、ポストモダニズム文学の特徴でもある「信頼できない語り手」という叙述技法を使った作品として、重要視されている。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン 124/365

これ以外に、失われたものが何百もあるという。

因果関係 216/365

因果規則性説、および因果反事実説、どちらも欠陥がある。

ヴェルサイユ条約 288/365

ヴェルサイユ条約は、1919年、宮殿の「鏡の間」で調印された。

サルマン・ラシュディ 121/365

現在は無神論者だと言われている。

正統カリフ 245/365

最後のカリフはアブデュルメジド二世である。



書いてる人

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031