文学 1日1ページ、世界の教養365

『ロリータ』 268/365

ロリータ (字幕版)

ウラジミール・ナボコフの小説。

彼が英語で書いたこの物語は、アメリカでは出版社が見つからず、結局フランスで出版された。
傑作であるという評価と、完全なる猥褻本だという評価に分かれた。

少女への性愛が真の愛に変わった教授の物語は今日、セクシュアリティと抑圧を鋭く掘り下げた文学作品だと評価されている。

そして、ナボコフが編み出した語り口は、ポストモダニズム文学の特徴でもある「信頼できない語り手」という叙述技法を使った作品として、重要視されている。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-文学, 1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

イギリスの北アメリカ植民地 127/365

この、最初の考え方の違いのようなものが、今日のアメリカ人の、アイデンティティに残る緊張状態の根源だと言う人もいる。

ジョージ・フレデリック・ヘンデル 096/365

彼のイギリスでの活躍には、ハノーファー選帝侯の存在が欠かせない。

『オジマンディアス』 065/365

我が名はオジマンディアス、王の中の王。汝ら強き諸侯よ、我が偉業を見よ。そして絶望せよ!

印象主義のクロード・ドビュッシーとモーリス・ラヴェル 299/365

二人は疎遠になった。

モダリティ 279/365

もし神が存在するとしたら、それは必然的に存在するのか?

書いてる人



2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829