1日1ページ、世界の教養365 文学

『カンタベリー物語』100/365

パゾリーニ・コレクション カンタベリー物語 [レンタル落ち]

ジェフリー・チョーサーがこの作品を書いた時の英語は「中英語」と言われ、叙事詩「ベオウルフ」が書かれた8世紀に使われていた古英語とも、現在使われている近代英語とも違うという。

24の物語からなるこの「カンタベリー物語」は、当初は120もの物語を集めて作られるはずだった。

なんらかの理由でそれが、24にとどまることになった。

彼のこの作品は、英語で物語を書く、という文化的な広がりをイギリス文学界に与えた。それまでは、「文学と言えばフランス語」「文学と言えばラテン語」が当たり前だったのだ。

英語で書かれる世界が広げられたことで、スペンサーやシェイクスピアが生まれた、と言っても過言ではないだろう。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365







-1日1ページ、世界の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

アルファベット 001/365

文字を持ち複雑な思考を独り占めしていた特権階級は、命令を奴隷に伝えるために文字を簡略化した。

チャールズ・ディケンズ 205/365

ディケンズは多作で知られる。

超新星 039/365

そして地球人は、偶然この星にたどり着いたそれらの元素でできた金属を、ありがたそうに採掘・加工・流通させて、人生を守る何かのように、大事に保管している。

太陽の黒点とフレア 081/365

17世紀半ばから18世紀初頭には、西ヨーロッパでは「小氷河期」と呼ばれるほどの気温低下があった。

囚人のジレンマ 340/365

お互いが仲間を思いあえば、6ヶ月で済む。



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)






afbロゴ

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031