1日1ページ、世界の教養365

『カンタベリー物語』100/365

パゾリーニ・コレクション カンタベリー物語 [レンタル落ち]

ジェフリー・チョーサーがこの作品を書いた時の英語は「中英語」と言われ、叙事詩「ベオウルフ」が書かれた8世紀に使われていた古英語とも、現在使われている近代英語とも違うという。

24の物語からなるこの「カンタベリー物語」は、当初は120もの物語を集めて作られるはずだった。

なんらかの理由でそれが、24にとどまることになった。

彼のこの作品は、英語で物語を書く、という文化的な広がりをイギリス文学界に与えた。それまでは、「文学と言えばフランス語」「文学と言えばラテン語」が当たり前だったのだ。

英語で書かれる世界が広げられたことで、スペンサーやシェイクスピアが生まれた、と言っても過言ではないだろう。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

黒死病 078/365

教会への畏怖の念が下降してしまったことから、ルネサンスへの萌芽は生まれた。

『キャッチ=22』 051/365

父親がおもしろい名前をつけようとして考えたらしい。

ハシディズム 098/365

汎神論(どこにでも神はいる)と「デベクート」と呼ばれる神との密着状態を説き、反発と同時に、熱狂をも呼んだ。

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン 124/365

これ以外に、失われたものが何百もあるという。

エピクロス派 076/365

彼らエピクロス派は、「よく生きるとはどう生きることか?」を探求した。

※2019.06.09更新↓
書いてる人


Hulu


2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930