1日1ページ、世界の教養365 文学

『カンタベリー物語』100/365

ジェフリー・チョーサーがこの作品を書いた時の英語は「中英語」と言われ、叙事詩「ベオウルフ」が書かれた8世紀に使われていた古英語とも、現在使われている近代英語とも違うという。

24の物語からなるこの「カンタベリー物語」は、当初は120もの物語を集めて作られるはずだった。

なんらかの理由でそれが、24にとどまることになった。

彼のこの作品は、英語で物語を書く、という文化的な広がりをイギリス文学界に与えた。それまでは、「文学と言えばフランス語」「文学と言えばラテン語」が当たり前だったのだ。

英語で書かれる世界が広げられたことで、スペンサーやシェイクスピアが生まれた、と言っても過言ではないだろう。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。


にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

後期印象派 248/365

彼らは印象派の画家たちと違い、孤独を愛し、単独で行動する傾向があった。

モーツァルトの『ドン・ジョバンニ』 152/365

モーツァルトはドン・ファンを選んだ。

スパルタ対アテネー古代世界の覇権争い 015/365

圧倒的に勝った時代もあったが、勝ったら勝ったで空前の好景気が訪れ、貧富の差が治安を乱し、かつての厳しさがモットーだったスパルタらしさが失われ、弱体化に繋がっていってしまった。

アルブレヒト・デューラー 094/365

彼の「騎士と死と悪魔」は、傑作銅版画として知られている。

ソクラテス 013/365

「ソクラテス以上の賢者は一人もない」という神託を聞いて彼は、それを「間違っている」と証明するために、当時、賢者と称えられていた人たちと問答した。





まだデータがありません。











2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031