1日1ページ、世界の教養365 文学

『ハックルベリー・フィンの冒険』 275/365

ハックルベリー・フィンの冒けん

マーク・トウェインの小説。

「nigger」という、差別語とされる言葉が多用されているため、アメリカの多くの学区ではいまだに禁書扱いになっているところがある。

彼がこの小説に込めたのは、寛容を説き、人種差別の愚かしさを訴える気持ちだったにも関わらず、だ。

この小説で主人公のハックは、ジムやトム・ソーヤーと共に、社会の規範が自分の感情や心の声との矛盾を、どう解決していけばいいか、葛藤する。

それを主軸に、読む者に、自分の人生についても考えさせてくれる。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365, 文学
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ウィリアム・フォークナー 072/365

架空の場所、ミシシッピ州ヨクナパトーファ州が物語の舞台として出てくるため、彼の一連の作品は「ヨクナパトーファ・サーガ」とも呼ばれている。

ユリウス・カエサル 029/365

だけど、暗殺された。

イマヌエル・カント 237/365

「純粋理性批判」「実践理性批判」「判断力批判」などで知られる、ドイツ最大の哲学者。

『白鯨』 177/365

白鯨が何を意味するのかは、今でも議論されている。

『ベーオウルフ』 114/365

8世紀ごろ完成したと言われているが、作者は未詳である。



書いてる人

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031