1日1ページ、世界の教養365

ヴァージニア・ウルフ 170/365

三ギニー (平凡社ライブラリー)

根本的に新しい叙述技法と、問題意識に革命を起こした小説家の一人。

彼女は姉の家に、リベラルな知識人を集めて盛んに交流した。

そこには E・M・フォースター、リントン・ストレイチーなど、哲学・宗教・政治・美学・文学などについて語り合うにはじゅうぶんな才能が集まっていた。

彼らはブルームズベリー・グループと呼ばれた(姉の家がロンドン中心部ブルームズベリー地区だった)。

彼女は第一次世界大戦の残虐性に衝撃を受け、19世紀から続く写実的な文学の原理では、戦後の世界を描くことはできないと断じた。

発表した「ダロウェイ夫人」「灯台へ」などで、心の動きや時間の流れについての新しい叙述方式を示した。

当時の文化的アイコンとして彼女は有名だったが、心の病には勝てず、夫を残してウーズ川で入水自殺を遂げている。

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ルネサンス音楽 040/365

あのマルティン・ルターも、賛美歌を書いたという。

山上の説教 112/365

キリストによる「山上の説教」がたった1回だったのか、または複数回に渡って行われたのか、はわかっていない。

ガリレオ・ガリレイ 095/365

それをローマ教皇が謝罪し、彼の行動を褒め称えたのは死後、359年を経た1992年である。

黒死病 078/365

教会への畏怖の念が下降してしまったことから、ルネサンスへの萌芽は生まれた。

イエスの復活 154/365

墓にイエスの死体はなく、弟子たちの前に現れた復活したイエスは約40日後、昇天して永遠に消えた。

※2019.07.01更新↓
書いてる人


Hulu


2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031