1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 自然

水辺の生き物 211/365

投稿日:2021年7月30日 更新日:

ジムグリ

水資源が豊かで、それを利用した農業が盛んな日本では、水辺で生きる生物が多い。

魚を始め、両生類・爬虫類は日本人にとって、身近な生き物である。
様々な要因で、近年は数を減ってきている。

固有種としては、ジムグリやニホントカゲなどがいる。

 

※全世界で両生類を絶滅の危機に追い込んでいる感染症「カエルツボカビ症」のカビは、日本の両生類には免疫があるのではないかという説があり、日本やアジアの固有種ではないかと考える研究者もいる。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野から、日本にまつわる365日分の知識を得よう。この本を読み、知ってるようで知らなかったことを初めて知りつつ、ああそうなのか〜なんて言いながらほんの少しだけ、メモのように書くことを1年間続けます。最低限「350ページ以上ある本を読んだんだ!」という事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。いわんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 自然
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

左甚五郎 201/365

稀代の彫刻職人・大工で、彫ったものが動き出すという誉高い名工だが、実在したかどうかはわからない。

鍛冶 018/365

たら製鉄で作られた高純度の玉鋼は酸化に強い。

『今昔物語集』/『宇治拾遺物語』 094/365

ともに編者は判明していない。

『東海道中膝栗毛』 185/365

作者は十返舎一九(じっぺんしゃいっく)。

『鳥獣人物戯画』 096/365

作者や制作目的すら、確証あるものは何も無い。

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■TRANSLATE

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ