「 文化 」 一覧

江戸の三大大火 254/365

明暦3年、明和9年、文化3年に起こった火事を「江戸の三大大火」と呼ぶ。

纏向遺跡 044/365

邪馬台国の中心部という説の強い集落跡。

山地 043/365

日本は、国土の75%が山地である。

法隆寺 042/365

法隆寺には七不思議が語り継がれている。

端午の節句 041/365

端午の節句 染錦 鯉のぼり 大将   平安時代には、端午の節句に天皇が武徳殿からお出ましになり、臣下と共に宴を催し、弓を射る「端午の節会」が行われていた。 江戸時代になり、菖蒲で邪気を払う風 …

大仏 040/365

完成は752年。

農具 039/365

製鉄技術が発明されたことで飛躍的に収穫量は向上し、人類は現代に至るまでに進歩するきっかけを得た。

『古今和歌集』 038/365

全20巻。

卑弥呼 037/365

三国時代の魏に使節を派遣し、「親魏倭王」の称号、金印、銅鏡100枚を贈られている。

地震 036/365

日本には、活断層が約2,000カ所発見されている。

大国主命(出雲大社) 035/365

出雲神話の最高神。

花見 034/365

「観桜」とも言う。

阿修羅像(興福寺) 033/365

奈良・興福寺所蔵の国宝。

酒造 032/365

縄文式竪穴から酒坑が見つかっている。

漢詩・漢学 031/365

日本最古の漢詩集「懐風藻」は751(天平勝宝3)年に完成した。

吉野ヶ里遺跡(弥生時代) 030/365

3世紀ごろをピークに、1,200人が暮らしていたと推定される。

火山 029/365

火山の被害は古来から大きいが、その恩恵も受け取っている。

天照大神(伊勢神宮) 028/365

大日孁貴神(おおひるめのむちのみこと)などの別称がある。

ひな祭り 027/365

9月9日の重陽の節句には「後(のち)の雛」を飾る風習もあったという。

古代の仏師 026/365

朝鮮半島から仏教が伝来した6世紀半ば、同時に仏像を制作する技術者たちも渡来した。

和船 025/365

地域で取れる木材によって、地方で独自の形状を持っていた。

柿本人麻呂 024/365

生没年未詳。

狩猟と農耕 023/365

現在では、日本における稲作・農耕の開始は紀元前1,000年頃からと考えられている。

フォッサマグナ 022/365

日本の雄大な景観は、フォッサマグナのおかげとも言える。

神奈備 021/365

かんなび。

節分 020/365

社寺では毎年、年男が大豆を炒ってまく、という行事を行っていたが、この行事と「鬼やらい」が結びついたものだと思われる。

高松塚古墳壁画、キトラ古墳壁画 019/365

1972年の大発見で、奈良県明日香村の高松塚古墳は有名になった。

鍛冶 018/365

たら製鉄で作られた高純度の玉鋼は酸化に強い。

『日本書紀』 017/365

『古事記』と合わせて「記紀」と呼ばれる歴史書。

三内丸山遺跡(縄文時代) 016/365

縄文時代中期の遺跡。

正月 013/365

正月にまつわる風習は、若い世代を中心に、だんだん重要視されなくなってきている。

祭器 012/365

いかに日本の為政者たちが気に入って使っていたかが伺える。

鋳物 011/365

「金属を加工する」という方法を編み出したことで、人類の文明は飛躍的に発展した。

『古事記』 010/365

日本最古の書物だが、原本は残っていない。

旧石器時代の遺跡 009/365

1949年、考古学研究者・相澤忠洋が群馬県で槍先形尖頭器を発見する。

日本列島の形成 008/365

地球上の7%の火山が、日本列島にある。

神道(八百万の神) 007/365

日本独自の宗教。

元号 006/365

最初に元号を使ったのは、紀元前、前漢の武帝である。

土偶と埴輪 005/365

土偶は、日本の東・北地域で出土することが多い。
埴輪は、有力者の墳墓に埋葬されている。

古墳 004/365

前方後円墳は日本だけのオリジナルの形である。

万葉集 003/365

日本最古の歌集。

日本人の起源 002/365

この頃、日本人はすでに到達していたとされる。

富士山 001/365

登山道を除く8合目以上は、富士山本宮浅間神社の私有地(境内)である。

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■TRANSLATE

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ