1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 文学

万葉集 003/365

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365

日本最古の歌集。
広い世代の人物の作品が収められているが、実作でないものも含まれる。
巻十四に収録された230首以上の句は全て作者不明。
都に近い場所ではなく、東海・関東・東北に至る、庶民が詠んだ歌を多く含んでいる。

それらを、江戸時代の国学者・賀茂真淵は「ますらおぶり」と評し、平安時代の和歌の歌風とされた「たおやめぶり」とは対極にある、和歌の理想とした。

それをきっかけに万葉集は、大きな注目を浴び、評価をさらに高めて行った。

※平成の次の元号「令和」は、万葉集巻五に収録された序文から採用された(初春令月、氣淑風和)。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野からの、日本にまつわる365日分の知識。この本をさらっと読み、知ってるようで知らなかったことをさらっと初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて知ったかぶりしながらほんの少しだけ、書くことを1年間続けます。最低限「300ページ以上ある本を読んだよ!」の事実が残るだけでも、価値はゼロではあるまいて。言わんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

三内丸山遺跡(縄文時代) 016/365

縄文時代中期の遺跡。

旧石器時代の遺跡 009/365

1949年、考古学研究者・相澤忠洋が群馬県で槍先形尖頭器を発見する。

柿本人麻呂 024/365

生没年未詳。

鋳物 011/365

「金属を加工する」という方法を編み出したことで、人類の文明は飛躍的に発展した。

狩猟と農耕 023/365

現在では、日本における稲作・農耕の開始は紀元前1,000年頃からと考えられている。



書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)






afbロゴ

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031