1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 歴史

江戸の三大大火 254/365

投稿日:2021年9月11日 更新日:

ザンパラ日本史相談室 <完全版> 振袖火事

明暦3年、明和9年、文化3年に起こった火事を「江戸の三大大火」と呼ぶ。

特に「明暦の大火」は「振袖火事」とも呼ばれ、大名旗本の屋敷1270、寺社300、蔵900、橋60を焼き尽くした。

江戸城も本丸・二の丸・大奥、さらに天守閣まで焼いた。
天守閣はその後、再建されることはなかった。

 

※名物と化した火事のせいで、江戸庶民の家は簡素な作りとなり、江戸っ子気質も出来上がったと言われる。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野から、日本にまつわる365日分の知識を得よう。この本を読み、知ってるようで知らなかったことを初めて知りつつ、ああそうなのか〜なんて言いながらほんの少しだけ、メモのように書くことを1年間続けます。最低限「365ページある本を読んだんだ!」という事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。いわんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 歴史
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

写実主義と言文一致体 213/365

漢文で書かれたこれらの啓蒙的で道徳色の強い文章は、文壇の硬直化と衰退を呼んでいた。

『平家物語』 115/365

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり」で始まる軍記物語。

元号 006/365

最初に元号を使ったのは、紀元前、前漢の武帝である。

『今昔物語集』/『宇治拾遺物語』 094/365

ともに編者は判明していない。

白隠慧鶴 236/365

臨済宗中興の祖。

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■TRANSLATE

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ