1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 芸術

古代の仏師 026/365

投稿日:2021年1月26日 更新日:

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365

 

朝鮮半島から仏教が伝来した6世紀半ば、同時に仏像を制作する技術者たちも渡来した。

仏教を保護する蘇我氏や聖徳太子の庇護を受け、代表作として知られる法隆寺本尊・釈迦三尊像(国宝)などを制作した。
仏師第一号と言われる鞍作止利(くらつくりのとり)は、その名が示す通り、元は馬具職人であったのではないかと言われている。

平安時代中期になると、康尚(こうしょう)やその弟子である定朝(ていちょう)などの革新的な技術者が現れた。

康尚は独立した私工房を構え、上級貴族からの注文に応えた。
定朝は寄木造の完成者として、効率的に仏像を作る様式(定朝様と呼ばれる)を広めた。

 

※蘇我氏の失脚とともに、鞍作止利の「止利様式」は表舞台から姿を消す。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野からの、日本にまつわる365日分の知識。この本をさらっと読み、知ってるようで知らなかったことをさらっと初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて知ったかぶりしながらほんの少しだけ、書くことを1年間続けます。最低限「350ページ以上ある本を読んだよ!」の事実が残るだけでも、価値はゼロではあるまいて。言わんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 芸術
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

宮大工 046/365

歴史的木造建築が、1000年を経て現存するのは日本だけである。

能 152/365

能と狂言を合わせて「能楽」と呼ぶ。

織物 067/365

日本の織物の歴史は縄文時代に遡ることができる。

土偶と埴輪 005/365

土偶は、日本の東・北地域で出土することが多い。
埴輪は、有力者の墳墓に埋葬されている。

武具 060/365

短甲は日本独特の武具である。

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■newアルバム「BE LIKE HIM」

■ANNIHILATION(YouTube)↓

よく読まれてそうな回↓

■書いてる人↓

書いてる人

■TRANSLATE

■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)↓





afbロゴ