1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 文学

『古今和歌集』 038/365

新古今和歌集 ビギナーズ・クラシックス

全20巻。

醍醐天皇の勅命により編纂された、日本最古の勅撰和歌集。
収録の歌風は3つに分類され、「よみ人しらすの時代」「六歌仙の時代」「撰者の時代」それぞれに特徴がある。

近世・近代に至るまで1000年もの間、詩歌の頂点として尊重され続けた。

紀貫之による「仮名序」は、日本初の本格的な歌論として名高い。

 

※万葉集の「ますらおぶり」に対し「たおやめぶり」を特徴とする。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野からの、日本にまつわる365日分の知識。この本をさらっと読み、知ってるようで知らなかったことをさらっと初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて知ったかぶりしながらほんの少しだけ、書くことを1年間続けます。最低限「350ページ以上ある本を読んだよ!」の事実が残るだけでも、価値はゼロではあるまいて。言わんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

吉野ヶ里遺跡(弥生時代) 030/365

3世紀ごろをピークに、1,200人が暮らしていたと推定される。

端午の節句 041/365

端午の節句 染錦 鯉のぼり 大将   平安時代には、端午の節句に天皇が武徳殿からお出ましになり、臣下と共に宴を催し、弓を射る「端午の節会」が行われていた。 江戸時代になり、菖蒲で邪気を払う風 …

お盆とお彼岸 055/365

お盆は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」を略した言葉。

祭器 012/365

いかに日本の為政者たちが気に入って使っていたかが伺える。

『日本書紀』 017/365

『古事記』と合わせて「記紀」と呼ばれる歴史書。



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)






afbロゴ

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031