1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 伝統・文化

端午の節句 041/365

端午の節句 染錦 鯉のぼり 大将

 

平安時代には、端午の節句に天皇が武徳殿からお出ましになり、臣下と共に宴を催し、弓を射る「端午の節会」が行われていた。

江戸時代になり、菖蒲で邪気を払う風習が「尚武(武を重んじること」に通づると言うところから、男子の節句になっていったと言われている。

鯉のぼりは武家の旗指物の代わりに庶民が考案したものだったが、のちに武家でも立てるようになった。

柏餅を食べる風習は日本独特の物で、新芽が出なければ古い葉が落ちない柏の木の習性から、子孫繁栄の縁起物として尊ばれ、広まった。

 

※赤い緋鯉はもともとは子供たちを表していたが、昭和40年代ごろから「お母さん」という扱いになった。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野からの、日本にまつわる365日分の知識。この本をさらっと読み、知ってるようで知らなかったことをさらっと初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて知ったかぶりしながらほんの少しだけ、書くことを1年間続けます。最低限「350ページ以上ある本を読んだよ!」の事実が残るだけでも、価値はゼロではあるまいて。言わんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 伝統・文化
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

連歌 143/365

歌壇には、二条良基や宗祇などの新しい、優れた指導者が次々に現れた。

祝詞 063/365

のりと。

土偶と埴輪 005/365

土偶は、日本の東・北地域で出土することが多い。
埴輪は、有力者の墳墓に埋葬されている。

水道 151/365

上水道建設の成功があって初めて、江戸は100万都市に成長した。

八幡神 140/365

大分県の宇佐神宮を総本宮とする。



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)





afbロゴ

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930