1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 哲学・思想

神道(八百万の神) 007/365

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365

日本独自の宗教。
創始者や教祖を持たず、自然信仰に海外からの文化的影響が合わさって醸成されていった。

神々を「天津神(あまつかみ)」と「国津神(くにつかみ)」に分ける考え方も用いられる。前者を天上に住む神々、後者を地上に住む神々と分類する。海外からの文化到来以後と以前で分けているという説もある。

陰陽五行思想や神仙思想、仏教の影響も大きく、仏教における仏が、地域性を持って顕れたのが神である、という考え方(神仏習合)が広く浸透していた。

聖典も存在しないので、古くから伝わる祝詞(のりと)が、それに準じるものとして扱われている。

 

※弥生時代に稲作の普及と共に成立したというのが自然な解釈かもしれない。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野からの、日本にまつわる365日分の知識。この本をさらっと読み、知ってるようで知らなかったことをさらっと初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて知ったかぶりしながらほんの少しだけ、書くことを1年間続けます。最低限「300ページ以上ある本を読んだよ!」の事実が残るだけでも、価値はゼロではあるまいて。言わんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 哲学・思想
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

高松塚古墳壁画、キトラ古墳壁画 019/365

1972年の大発見で、奈良県明日香村の高松塚古墳は有名になった。

狩猟と農耕 023/365

現在では、日本における稲作・農耕の開始は紀元前1,000年頃からと考えられている。

節分 020/365

社寺では毎年、年男が大豆を炒ってまく、という行事を行っていたが、この行事と「鬼やらい」が結びついたものだと思われる。

富士山 001/365

登山道を除く8合目以上は、富士山本宮浅間神社の私有地(境内)である。

フォッサマグナ 022/365

日本の雄大な景観は、フォッサマグナのおかげとも言える。



書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)






afbロゴ

2021年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031