1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 文学

鴨長明 108/365

方丈記: 創業90周年企画

『方丈記』の作者。

下鴨神社の禰宜の家系に生まれたが、出家したあと京都各地に閑居した。
『枕草子』『徒然草』と並び、日本の「古典三大随筆」に数えられる『方丈記』は、彼の晩年に書かれた。

タイトルの「方丈」とは、彼が晩年を過ごした一丈四方(方丈)の草案に由来する。
無常感を、人の生死だけでなく、すみかにもなぞらえ、天災を生々しく描写している。

 

※ゆく河の流れは絶ずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人と栖と、またかくのごとし。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野からの、日本にまつわる365日分の知識。この本をさらっと読み、知ってるようで知らなかったことをさらっと初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて知ったかぶりしながらほんの少しだけ、書くことを1年間続けます。最低限「350ページ以上ある本を読んだよ!」の事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。言わんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

阿修羅像(興福寺) 033/365

奈良・興福寺所蔵の国宝。

神社 049/365

神道の祭祀施設。

『伊勢物語』 087/365

125段の歌物語。

遣隋使・遣唐使 072/365

日本と隋との交易は、滅亡後、唐になっても続けられた。

中尊寺金色堂 124/365

奥州藤原氏の藤原清衡は、その財力と法華経への強い信仰をベースに、中尊寺を発展させた。



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)






afbロゴ

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31