「 月別アーカイブ:2021年03月 」 一覧

ホントに良い意味で「草」「燃える」、『草燃える』

最後の伊東祐之(いとうすけゆき)だけは、ドラマオリジナルのキャラクターだそうです。

華道(生け花) 090/365

室町時代中期に東山文化の影響で「立て花」が成立。

「叩く」と「擁護」の間にある静寂〜フクロ叩きをする方に回るな〜

ミソジニーとは「女性嫌悪」「女性蔑視」と訳される言葉です。
なんと「三十路」とは関係ないんですって!!!
ギリシャ語の「女性」と「嫌悪」が合体してできている言葉なのだそうです。

『源氏物語絵巻』 089/365

作者不明。

治水 088/365

治水は、水害から人民を守り、収穫高を上げるために必須のハイテク技術である。

『伊勢物語』 087/365

125段の歌物語。

名前のややこしさ、そして偏諱という補助線

それさえ分かれば、「呪い」の効力は狙った焦点に、ピタリと合う。

行基 086/365

元正天皇は行基を「小僧(しょうそう)」と非難した。

瀬戸内海 085/365

古代から海運交通に利用され、肥沃な漁場としても有名。

須佐之男命(牛頭天王) 084/365

「素戔嗚尊」とも書く。

悪いのは女のヒステリーだったと言い切れるのか

牧の方が推しに推している実の息子・政範が15歳の時。

茶道 083/365

鎌倉時代にはお茶は高級品で、武士や僧侶、貴族にしか手にできないものだった。

平等院鳳凰堂 082 /365

京都府宇治市。

発酵 081/365

醤油・みりん・味噌・酢などは和食には欠かせない。

『小倉百人一首』 080/365

藤原定家による秀歌選。

奈良の大仏 079/365

752年の開眼供養には、1万人を超える参列者がいたという。

キレるくらいならなぜもっと逆らわない!?

なんだか、犯人探しのターゲットにされたかのように。
ケネディを撃ったとされるオズワルドも殺されてしまった…口封じかのように。

日本海 078/365

平均水深は1,752m、最深部は3,742mの、日本のもう一つの玄関口。

御柱祭 077/365

正式名は「式年造営御柱大祭」で、寅年と申年に行われる。

年祝い 076/365

「賀の祝い」「賀寿」とも言う。

やまと絵・唐絵 075/365

土佐派は一度途絶えたが、江戸時代に土佐光起が再興した。

染物 074/365

染色技術は日本で独自の発展を遂げ、江戸時代に中期には友禅染の生産が始まった。

それを信じるなら、すべては信じられる。『復活』

折り重なる偶然と策略で、情報は錯綜する。

『枕草子』 073/365

清少納言による随筆文学。

遣隋使・遣唐使 072/365

日本と隋との交易は、滅亡後、唐になっても続けられた。

海流 071/365

親潮と黒潮のぶつかる潮目は、プランクトンが大量発生する。

巫女 070/365

本来は神からの託宣を憑依、または脱魂して得る女性宗教者のことを指す。

七五三 069/365

11月15日は旧暦の二十八宿のうち、鬼宿と呼ばれる最吉日である。

曼荼羅 068/365

密教の真理をわかりやすく視覚化されたもの。

織物 067/365

日本の織物の歴史は縄文時代に遡ることができる。

『源氏物語』 066/365

作者である紫式部は幼少から才能を認められた女性で、藤原道長にも重用された。

聖徳太子(厩戸王) 065/365

「厩戸皇子(うまやどのみこ)」。

「鎌倉殿」とはなにか

でも、それだけの理由なら、他にも候補地はあったはずです。

名川 064/365

多くの文明は、川とともに出来上がった。

祝詞 063/365

のりと。

答えは、外にはない

そう考えると、少しだけ楽になったような気がします。

お月見 062/365

満月は豊作の象徴として、お月見は作物の実りを祈る儀式でもある。

雅楽 061/365

雅楽の音色は、「 笙(しょう)は天界の妙音を響かせ、龍笛(りゅうてき)は空を翔け上る龍のようにこだまし、篳篥(ひちりき)が人の声のように笑う」と表現される。

スマホ代を見直さざるを得ない良い季節の到来。

さて、そういうプランはないものか…ありました。

武具 060/365

短甲は日本独特の武具である。



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)






afbロゴ

2021年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031