自論構築過程

男にもさしすせそ、女にもたちつてと

ヤッターマン YM-F08 ヤッターフィギュア おだてブタ

マイナビウーマンに、

好きな人との会話で使えるテクニック!「さしすせその法則」&「たちつてとの法則」
https://woman.mynavi.jp/article/140124-90/

という記事が載ってました。3年くらい前の記事ですね。
詳しくは本文を読んできていただくとして…

 

「さ……さすがですね」
「し……知らなかった」
「す……すごい」
「せ……センスがいいですね」
「そ……そうなんですか」

 

これ、男性のプライドを刺激して、会話を弾ませるテクニックだそうです。
確かに、男性に、自尊心や「男性の方が上」な立場をはっきりさせてやる文言を投げかけると喜ぶ、というのはよくわかりますね。

そして女性が、男性に対して「やっちゃいけない」のが「たちつてとの法則」だそうです。

「た……たいしたことないね」
「ち……ちがうんじゃない」
「つ……つまらない」
「て……適当でいいから」
「と……とんでもない」

これらは、男性の自尊心を傷つけるんだそうです。どうですか。皆さん、心当たりありますでしょうか。

 

はっきり言いましょう。
こんなものは、デタラメです。

いやいや、結構そうだよ?当たってるよ?と思ったでしょ?ええ、そうなんです。当たってるんです。

ハァ?なに言ってんの?と思うでしょうが、「男性が」っていう部分に絞っていることが、おかしいと申し上げているのです。

実際これは、「女性にも当てはまる」し、「男性にも適用できる」。

世の中には「男性に対して」「女性に対して」という煽り文句で書かれているものが、たくさんありますね。

「男ってね…」と恋愛のベテランみたいな顔して妙齢の女性が語るのも、「女ってやつぁよ…」とホスト崩れが訳知り顔で語るのも、全部「お前のまわりの男(女)はな!!」っていうだけの、実は限定的なものなんですよね。お前の周りだけだアホ、っていうやつです。

だいたい、男性が、「全女性はな…」とか女性が、「全男性はね…」なんて、生物学的なこと以外で、言えるわけがないでしょうが。

しかも、コミニュケーションや恋愛に関してならそこにかかる変数は天文学的なものになるわけで、別に悪いとまでは思いませんがこういう「さしすせそ」「たちつてと」のようにわかりやすくなっている場合には、あっ、型にハメラれようとしているワ!という危機感を持つことが、大切です。

もちろん、型は便利なので、学習しているとメリットはあります。

この「さしすせそ」だって、「さすがですね!知らなかった!すごい!センスいい!そうなんですか!」を連発さえしてれば、ブタのように木に登る男性なんていくらでもいますから、効果はあります。でも私のように、「ふ〜ん」と、あまり通用しない男性もいますからね。逆に、同様の連発でおだてに簡単に乗る女性も、たくさんいるということです。

いや、その効果はもちろん私も存じ上げていますので、例えば「すごいですね!知らなかった!」的なホメ言葉をいただくと、言葉じたいが脳を刺激し、「快」のスイッチが押されます。でも、「うん、そういう風に言って快スイッチを押してくるのは…なぜだ…!?」という回路にすぐに接続されるので、「ほう、これは、“会話を弾ませよう”という意図があるのだな」という風に考えます。

では、「女性にも当てはまる」し「男性にも当てはまる」のに、どうして、「ああ、男性を喜ばすテクニックね?」と、私が言うまでふつーに納得してしまってたんでしょう。

それは、これを見る前に、または読みながら、「そうであって欲しい」と言う願望が、すでに意識に、植わっているからです。

 

そう思いませんか。

男性とは、褒め、持ち上げ、おだてれば自尊心が輝くものである、と思いたい。
また女性は、褒め、細かなところに気づき、感情に同意してあげることが理解につながる。と思いたい。

これは「そう思いたい」であり、同時に「そう扱われたい」という欲望の裏返しでもあります。

その人、個人ではなく、「男性」「女性」と大くくりに理解していることが、実際の対人関係で「そんなことない」場合にブチ当たっての、悩みの原因なんだと思います。

人類を2つに分けて学習してたら、そりゃ出会う人出会う人、例外の嵐でしょって。「男は」「女は」みたいな2個でルール作ってたら、エラー出まくりなのは当たり前です。
性格や感情というのはそれぞれ、モザイク状に入り組んでいる上に時と場合によって変化します。それなのに、「男性はこう」「女性というのはこう」と、思い込まされている。

面白い分類ではあるんですよ、なんでも2個に分けちゃうっていうのは。

でも、「ライオンはこう」「ハイエナはこう」って決めつけて、本当にサバンナで安全かって言ったら安全なのかもしれないけど、人間はそうはいきませんわね。
そう囲い込んでおいた方が、「あなたはこうだからこの商品が合う!」って、セールスかけやすいですからね、なんでもw

いかに「こうでなきゃいけない」っていう現代病に、我々はとらわれているか、という、これも好例だなぁ、と思ったのでした。

激しい現代病に苦しむわたしたち。

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-自論構築過程
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

怒ったって、なにも良くはならない

まず、そう思いましょう。
思うことくらいできるでしょう。
やろうとくらい、思えよ。
その方が楽だから。

乗り物酔いってなんだったんだろう

トラベルミン、マジで必需だった。
半分おまじない的に絶対必要だった。

許す許さぬは、人生を賭けたゲーム

許す許さぬは、人生を賭けたゲーム<海容>

なぜなら、「あなたのこと」、だからです。

自動運転地獄がくるまで

設定して使うのが「87歳」では意味がない

Valentine's Day

Valentine’s Dayに寄せて。

いや、ほんとのところはどうなんでしょう。

TOXICblogバナー

TOXICblogバナー
書いてる人


2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31