1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 文学

『伊勢物語』 087/365

令和版 全訳小説 伊勢物語

125段の歌物語。

身分も高く、絶世の美男子だった在原業平(ありわらのなりひら)が主人公だとされる。
本人のメモのようなものに後世の人が加筆していった、という説もある。

第六十九段の「狩の使」には、美男子で六歌仙にも数えられる才人の在原業平が、伊勢神宮に奉仕する皇族の女性と恋に落ちるエピソードがある。

この「禁断の恋」エピソードのインパクトが強烈で、タイトルを「伊勢物語」と呼ぶようになった。

 

※天皇の孫である在原業平が本当に「あづまくだり」をしたかどうかは定かではないが、東京の「業平橋」や「言問橋」は彼に由来する。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野からの、日本にまつわる365日分の知識。この本をさらっと読み、知ってるようで知らなかったことをさらっと初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて知ったかぶりしながらほんの少しだけ、書くことを1年間続けます。最低限「350ページ以上ある本を読んだよ!」の事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。言わんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 文学
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

漢詩・漢学 031/365

日本最古の漢詩集「懐風藻」は751(天平勝宝3)年に完成した。

フォッサマグナ 022/365

日本の雄大な景観は、フォッサマグナのおかげとも言える。

平野(関東平野) 050/365

含有する鉄分が風化によって酸化している「赤土」が特徴である。

鑑真 098/365

6度目の密出国で来日は叶ったが、失明していた。

海流 071/365

親潮と黒潮のぶつかる潮目は、プランクトンが大量発生する。



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)






afbロゴ

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930