1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 伝統・文化

茶道 083/365

日日是好日

 

「茶の湯」とも呼ばれる。

中国の宋で喫茶法を学んだ栄西(臨済宗の開祖)が、茶の樹と種を日本に持ち帰った。

鎌倉時代にはお茶は高級品で、武士や僧侶、貴族にしか手にできないものだった。

室町時代には茶の湯の精神性を重視する考え方が生まれ、「わび茶」として千利休が大成させた。

江戸時代には「茶道」が生まれた。
庶民に広まりすぎて精神性が薄れたことからの差別化が発端だとされている。

 

※「一汁一菜」は茶室での食事として考案され、後に懐石料理に発展した。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野からの、日本にまつわる365日分の知識。この本をさらっと読み、知ってるようで知らなかったことをさらっと初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて知ったかぶりしながらほんの少しだけ、書くことを1年間続けます。最低限「350ページ以上ある本を読んだよ!」の事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。言わんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 伝統・文化
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

フォッサマグナ 022/365

日本の雄大な景観は、フォッサマグナのおかげとも言える。

行基 086/365

元正天皇は行基を「小僧(しょうそう)」と非難した。

吉野ヶ里遺跡(弥生時代) 030/365

3世紀ごろをピークに、1,200人が暮らしていたと推定される。

神奈備 021/365

かんなび。

『蜻蛉日記』 059/365

現代にまでその影響を残す『蜻蛉日記』は、率直に女性の心情を書き綴る文学の最高傑作と名高い。



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)






afbロゴ

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930