1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365 歴史

奈良の大仏 079/365

hacomo ペーパークラフト PUSUPUSU 奈良の大仏

 

聖武天皇は仏教による王権の安泰と国家の平安を目的に、大仏の建立を決めた。
度重なる疫病や内乱が、国ごとに寺院を作るという全国規模の事業に踏み切らせた。

752年の開眼供養には、1万人を超える参列者がいたという。
まだ鍍金(メッキ)は済んでいなかったが、仏教伝来200年目の、釈迦の誕生日に合わせたと考えられている。

民衆の支持を得るために、行基の存在は大きく、最初は弾圧もあったが、のちに大僧正の位を与えた。

 

※最初の造営予定地は、甲賀寺(滋賀県甲賀市)だった。

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

斎藤孝監修。
自然、歴史、文学、科学・技術、芸術、伝統・文化、哲学・思想の7分野からの、日本にまつわる365日分の知識。この本をさらっと読み、知ってるようで知らなかったことをさらっと初めて知りつつ、ああそうなんだね~なんて知ったかぶりしながらほんの少しだけ、書くことを1年間続けます。最低限「350ページ以上ある本を読んだよ!」の事実が残るだけでも、価値はゼロではないはず。言わんや「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことかと。

1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365







-1日1ページ、読むだけで身につく日本の教養365, 歴史
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

端午の節句 041/365

端午の節句 染錦 鯉のぼり 大将   平安時代には、端午の節句に天皇が武徳殿からお出ましになり、臣下と共に宴を催し、弓を射る「端午の節会」が行われていた。 江戸時代になり、菖蒲で邪気を払う風 …

万葉集 003/365

日本最古の歌集。

鋳物 011/365

「金属を加工する」という方法を編み出したことで、人類の文明は飛躍的に発展した。

『源氏物語』 066/365

作者である紫式部は幼少から才能を認められた女性で、藤原道長にも重用された。

フォッサマグナ 022/365

日本の雄大な景観は、フォッサマグナのおかげとも言える。



■newアルバム「BE LIKE HIM」
書いてる人
■ゴールデン・ルール(24時間稼働中)






afbロゴ

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930