「 源実朝 」 一覧

謎と敬虔のゴールデン・ホール。特別展「中尊寺金色堂」

900年の間、もしかすると「あそこにはミイラがあるらしいぞ(その当時の言葉で)!」という噂が「他のところはともかく金色堂だけは絶対に冒してはならないんだ」という、土着の恐怖・異質な呪詛となって、封印効果を発していたのかもしれない。

源頼朝は最初から、ぜったいに奥州を許す気がなかった

2023/12/01   -鎌倉殿の13人

因縁の土地で、自らが打ち倒した大将の首を、かつての祖先と同じやり方で晒す。

藤原秀衡は、なぜ源義経を匿ったのか

2023/11/23   -鎌倉殿の13人

常盤御前→一条長成→藤原基成ルートだっただろうと思われる。

圧倒的極楽浄土が、ここに。【無量光院】

2023/11/12   -鎌倉殿の13人

田舎なりゃこそのミラクルである。

源義経は悪くない、兄がすごすぎただけ。

2023/11/03   -鎌倉殿の13人

源頼朝とまったく同じ共通の感覚を持つ人間は、同時代にただの一人もいない。

伝源頼朝像は頼朝ではないのか、頼朝なのか

2023/11/02   -鎌倉殿の13人

実物を見て、はっきり思った。

源義経はどこで自害した?

2023/10/27   -鎌倉殿の13人

その生贄として、源義経が必要だった。

二階建てのお堂だから二階堂!【永福寺】

2023/10/20   -鎌倉殿の13人

運が良ければ源頼家や源実朝の亡霊が、蹴鞠をしている様子が見えるかも知れない。

逢引の場所が晒されてるのはよく考えたらなかなかヒドい【伊豆山神社】

2023/09/06   -鎌倉殿の13人

確かに、してた。

比企能員が殺されてなかったら

2023/08/28   -鎌倉殿の13人

なによりも、急に源頼朝が死んだことが悪い。

三浦氏の拠点は鎌倉以上の要害の地(写真11・動画1)

2023/02/07   -鎌倉殿の13人

さながら「ここへ来ておけば間違いない」というご利益のテーマパーク感がある。

鎌倉殿の13人 最終回『報いの時』

2022/12/18   -鎌倉殿の13人

想像できなかったラスト、でした。

鎌倉殿の13人 第47回『ある朝敵、ある演説』

2022/12/11   -鎌倉殿の13人

鎌倉に、この人を超える官位を持った人はおらず、一番偉いのです。

鎌倉殿の13人 第46回『将軍になった女』

2022/12/04   -鎌倉殿の13人

院宣を書く筆を探し始め、肩を回し始めてるはずです。
院宣スタンバイ。

鎌倉殿の13人 第45回『八幡宮の階段』

2022/11/27   -鎌倉殿の13人

だからと言って、先妻たちの名前を引き合いに出すとはなんて嫌なやつなんだ…。

鎌倉殿の13人 第44回『審判の日』

2022/11/20   -鎌倉殿の13人

未来の計画として「御所を西(六波羅)に遷す」というとんでもないことを無邪気に言い出す源実朝。

鎌倉殿の13人 第43回『資格と死角』

2022/11/13   -鎌倉殿の13人

何度も言うようですが、公暁が将軍になろうとすると、北条vs三浦の戦いがすぐに起こります。
北条が推す将軍以外を擁立しようとしただけで「和田合戦」は起こったんですよ?

鎌倉殿の13人 第42回『夢のゆくえ』

2022/11/06   -鎌倉殿の13人

公暁じゃないと源氏の血筋が守れない、は源実朝だからこそ思うことでしょう。
将軍はお飾りなので高貴であればハクもつく、というのは政治の実権を握っている、北条側の理屈のはずです。

鎌倉殿の13人 第41回『義盛、お前に罪はない』

2022/10/31   -鎌倉殿の13人

そして「ここまでじゃ」と和田義盛はあきらめた。
良かれと思ってやった、お坊ちゃんの行動が、結局は人を追い詰める結果となった。

鎌倉殿の13人 第40回『罠と罠』

2022/10/23   -鎌倉殿の13人

北条氏を滅ぼして自分が将軍を補佐する立場にまでのぼり詰めたとしても、自分の器ではないと知っていたのか…。そして彼には起請文など、なんの意味もない。

鎌倉殿の13人 第39回『穏やかな一日』

2022/10/17   -鎌倉殿の13人

それにしてもどれも、執権・北条と将軍との軋轢を感じさせる暗鬱で、陰険なエピソード群になってきましたね…。もはやその実体は「穏やかな“だけ”の1日」…。

鎌倉殿の13人 第38回『時を継ぐもの』

2022/10/02   -鎌倉殿の13人

歴史には残っていない闘争を勝ち抜き、政治的な圧力を増し、巨大権力をドライヴしていく北条ヨシトキ。
かりそめの安寧は、8年ほどしか続かないのです。

鎌倉殿の13人 第37回『オンベレブンビンバ』

2022/09/26   -鎌倉殿の13人

色ボケジジイとは言えこの企てには理がないことを悟っている北条時政は、家族との別れを演じ、自分の破滅(失脚)へのルートを引き始めた。

鎌倉時代、天変地異は無視できぬ凶兆〜赤い彗星〜

2022/07/26   -鎌倉殿の13人

鳥のフンを頭に落とされたって「汚れ」という意味ではマイナスですが「確率」という意味では、宝くじに匹敵する幸運ですからねえ…。

日本茶 272/365

臨済宗の開祖・栄西が宋から帰国し、抹茶を伝えてから、一般化していった。

征夷大将軍の首がそのままになってるのはなぜだ

2021/07/29   -鎌倉殿の13人

胴と首は離れたまま、「身体は鎌倉、そして首はここ、秦野(はだの)にあります。」っていう感じ。
あっさりしとんなぁオイ。

執権政治 163/365

鎌倉幕府初期から御家人同士の血生臭い争いが続き、北条氏はそれに勝利した。

将軍の首が、なぜ。そして誰。

2021/05/01   -鎌倉殿の13人

クギョーがクギョーに殺された、ということに…ややこしい。

運慶と快慶 110/365

慶派の仏師。

なんで急にこれだけ「まん」て読むんだ、政所。

2021/04/15   -鎌倉殿の13人

なのに、なぜこれが「マンッ」と略されてるんでしょう。

謎のブチギレ。和田合戦

2021/04/05   -鎌倉殿の13人

ここで、和田義盛がブチ切れたんですね。

あれはなんだ…和賀江島(わかえじま)

2021/04/03   -鎌倉殿の13人

いや、わかるでしょ???って思いません?

『小倉百人一首』 080/365

藤原定家による秀歌選。

意外にサムライになることを許さない幕府

2021/02/15   -鎌倉殿の13人

幕府はそれを却下します。

右より左の方が偉いのか。

2021/02/10   -鎌倉殿の13人

どっちが偉いんでしょう???

徳ちゃんねる

徳ちゃんねる

■TRANSLATE


■書いてる人↓

書いてる人

■書いてる人↑

■newアルバム「ATLAS」

■newアルバム「ATLAS」

master of none

master of none

DUPING DELIGHT」

DUPING DELIGHT」

BE LIKE HIM

BE LIKE HIM

■ANNIHILATION(YouTube)↓

★GOLDEN RULES★(24時間稼働中)↓

★GOLDEN RULES★(24時間稼働中)↓


afbロゴ