1日1ページ、世界の教養365

カバラ 091/365

総説カバラー: ユダヤ神秘主義の真相と歴史

カバラは現代のセレブたちが信奉することによって有名にはなったが、古来からのユダヤ教に神秘主義を貫こうとする人たちからは「堕落」と批判されている。

カバラ思想においてはトーラーの文字すべてに、解読可能な強力な意味が込められていると信じられている。

世界を創造するために姿を現した神と、完全にうかがい知ることはできない神と。

この2つの形態を持つのが神である、というのがカバラの考え方の特徴の一つだ。
しかし批判を浴びるのもこの点である。唯一絶対、という神の性格から、「2面性」がおかしい、と指摘されている。

2つの面の橋渡しになるのが「10のセフィロト」で、これらを使えば神の力を、現世に顕現できる、と信じられている。

トーラー 007/365

タルムード 084/365

 

 

 

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

旋律 012/365

少しでも似ていると「パクった」と言われかねない。

ユリウス・カエサル 029/365

だけど、暗殺された。

ゴシック美術 045/365

そもそもは古代ローマ帝国を侵略した蛮族「ゴート族(Goths)」に由来する。

温室効果 025/365

これは「人類初」のことなのか。

ハンムラビ法典 008/365

何らかの超常の存在を素朴に信じていた時代、高度な「概念」であるはずの「法の支配」を標榜したというのは、支配層にとってはとんでもない、また被支配層にとっては「なんだかよくわかならない呪術の一つ」に映ったのかもしれない。

書いてる人


Hulu


2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930