1日1ページ、世界の教養365

イタリア・ルネサンス 092/365

芸術の都 フィレンツェ大図鑑―美術・建築・デザイン・歴史

ルネサンスはフィレンツェで、14世紀後半に始まる。

政治・宗教・芸術において、大変革が巻き起こるのである。
ヨーロッパ全土にその波は普及し、「文芸」は「復興」する。

伝統への回帰もその主要な要素だ。
ローマ帝国崩壊に始まった文化的な死(それはキリスト教の勃興と重なる)で、「暗黒の中世」と呼ばれた時代が終わった。

フィレンツェの街の芸術や建築をみて失神してしまう観光客がいる。この現象は「スタンダール症候群」と呼ばれている。フランスの作家スタンダールが、来訪した時、街に圧倒され歩けなくなってしまったことから取られているという。

中世がキリスト教という狭さの中に囲い込んでいた文化的な鬱屈を解き放ち、また宗教すらも文芸の中に取り込んでいく、まさに精神構造の大変革、が起こったということだろう。

 

 

(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)(“▽”)

1日1個、一年続けたら自動的に少しだけ賢くなるんじゃないか実験。

デイヴィッド・S・キダーとノア・D・オッペンハイムのベストセラー。小林朋則氏訳。

歴史・文学・芸術・科学・音楽・哲学・宗教の7分野から、365日分の知識。

この本を読みつつ、知ってるようで知らなかったこともちゃんと知りつつ、ああそうなんだね~なんて思いながら、少しだけ書くことを続けます。最低限、「360ページ以上ある本を読んだ」の事実が残れば、それでいい。「教養が身につくかどうか」なんて、知ったことか、と。

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365

これブログランキングなんですけど、
ポチッと押してもらえると上位へ(o^∇^o)ノ
よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







-1日1ページ、世界の教養365
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ソロモン王 070/365

ソロモン王には、700人の王妃と、300人の側室がいたという。

ロマン主義 164/365

過去の異なる様式を融合させるのも、その手法の特徴と言える。

ダビデ王 063/365

すでにここから、あの「ダビデ王」になる片鱗は現れ始めた。

ミケランジェロ 101/365

ミケランジェロは若い時から才能を発揮した大天才だった。

葛飾北斎 157/365

彼は「北斎」という名前を、46歳で名乗るようになった。

※2019.06.09更新↓
書いてる人


Hulu


2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930